直木賞

※直木賞受賞作「つまをめとらば」収録の、他の短編はこちらから

主人公の泰郎は、家柄としては一定のお役目につけるはずなのに父親の代から自宅で算学を教え細々と生活をしています。
泰郎が就けるはずのお役目は、希望者が千人 ...

直木賞

※直木賞受賞作「つまをめとらば」収録の、他の短編はこちらから

高林啓吾は窮乏厳しい柳原藩の22歳になる青年で、仕事がなく兄夫婦の家に同居している身です。
日々することといえば、自宅の畑の茄子の世話と剣の道場へ通うこ ...

直木賞

※直木賞受賞作「つまをめとらば」収録の、他の短編はこちらから

出世コースから外れた父をもつ娘・島崎民恵は、家柄の良い神尾信明との結婚が決まって、嬉しい反面、居心地の悪い思いを抱いていました。
武家社会は家の格という ...

直木賞

※直木賞受賞作「つまをめとらば」収録の、他の短編はこちらから

主人公の妻・朋が七場所(簡単に言うとホスト街)を舞台にした戯作(小説)を書いていたと知ったのは、朋が心臓の病で亡くなった直後でした。
朋に原稿を依頼して ...

直木賞

※直木賞受賞作「つまをめとらば」収録の、他の短編はこちらから

長倉克巳と長倉庄平は、本条藩の中でも家柄の良い長倉家の跡継ぎです。
とはいっても克巳は本家、庄平は分家の分家と、身分は克巳のほうが上でした。
身 ...

直木賞

※直木賞受賞作「つまをめとらば」収録の、他の短編はこちらから

武家屋敷で隠居している深掘省吾と、その幼なじみ山脇貞次郎を中心とした物語です。

3度の結婚と死・離別をした、現在独り者の深掘省吾は、妻の借金を返済す ...

直木賞

2016年1月19日、第154回直木賞の受賞作が決定しました!
「つまをめとらば」(青山文平 作)
気になるその内容は?早速読んでみました!
※文藝春秋「つまをめとらば」のネタバレを含みます。これから読もうと思 ...