物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

「22年目の告白―私が殺人犯です」上映期間いつまで?感想・評価をチェック。原作見るべき?

   

藤原竜也さんが美しき殺人犯。似合うなあこのキャスティング…。
というわけで「22年目の告白―私が殺人犯です」と、原作となった「殺人の告白」さらにその元になった事件と関連作品についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画データ

【監督】入江悠
【脚本】平田研也・入江悠
【原作】「殺人の告白」(2013年・韓国映画)
【出演】藤原竜也・伊藤英明ほか
【音楽】横山克
【主題歌】
間隔ピエロ「疑問疑答」
【時間】

あらすじ

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。
その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。

会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。
顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂。
賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。

それだけでは終わらない。
マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。
そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。

それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった。

(劇場配布チラシより引用)

キャスト

曾根崎雅人(藤原竜也)

自ら連続殺人事件の犯人として名乗り出た男。

牧村航(伊藤英明)

刑事。
後一歩のところで犯人を取り逃がした過去がある。
曾根崎の警護を担当することになる。

春日部信司(竜星涼)

牧村の部下。
警察署組織犯罪対策課の刑事。

滝幸宏(平田満)

22年前の牧村の上司。

牧村里香(石橋杏奈)

牧村の妹。

小野寺拓巳(野村周平)

里香の恋人。

仙堂俊雄(仲村トオル)

「NEWS EYES」のメインキャスター

戸田丈(早乙女太一)

橘組の若手構成員。
曾根崎の命を狙う。

岸美晴(夏帆)

被害者遺族の娘。
曾根崎の命を狙っている。

橘大佑(岩城滉一)

橘組の組長。
曾根崎の命を狙っている。

山縣明寛(岩松了)

被害者遺族。
曾根崎の命を狙っている。

 

スポンサーリンク

上映期間

「22年目の告白―私が殺人犯です」は2017年6月10日(土)より全国の劇場にて公開されました。

いつまで?

6/12時点で近隣の劇場に確認したところ 7月下旬まで 公開予定となっていました。

※上映期間は随時変更されており、劇場により異なります。

気になるところ

サスペンス物のストーリーで気になるのはやっぱり”結末”です。

この”不敵な笑み”の殺人犯は、時効になったとはいえ、なんでそんな大々的に自分が殺したと宣伝したがるのか。
そこには理由があるはずだし、その理由が結末に繋がっているはず。

メディアで公表したために曾根崎の周りは彼を殺したい人間でいっぱいになってます。
殺人犯だとわかってる人間が狙われるのは、藤原竜也さん主演の「藁の楯」とも重なります。
「藁の楯」では個人的な恨みだけじゃなく金に目がくらんだ人が混ざってるのがおぞましいですが…。

展開と結末は原作とほぼ同じのようですが、観られた方の感想を読むと細かい部分が変更され、より凝縮されドラマチックになっている様子です。

原作と関連作

原作とされているのは「殺人の告白」(2013年・韓国)です。
実際に韓国で起きた未解決連続殺人事件(華城連続殺人事件)をモチーフに作られた映画ですが、考えさせるシーン・見せるシーンを含みつつ、かなりアクションが派手!これはアクション映画!という作品です。
いやいや走ってる車の上で格闘とか、ありえんやろ危ない。(実際そういうシーンがある)

あ、でも予告編見ると、日本版もかなりアクションすごそうですね。
藤原さん・伊藤さんのアクションかっこよかったという感想もありました。

上記とは別に同じ事件をモチーフにした映画があります。
「殺人の追憶」(2003年・韓国)という作品で、同じ未解決事件を扱っていても社会派目線の作品といえそうです。

「告白」は一応スッキリ、「追憶」はかなりもやっとする結末になっています。

感想・評価

すでに観てきたという方の感想や評価が投稿サイトなどに上がっていました。

評価は5段階中★★★★☆とかなり好評です。

  • 演技が迫力ある
  • ショッキングなシーンがあった
  • 展開が面白くて目が離せなかった
  • 結末にびっくりした
  • 時間経過がわかりやすかった
  • 結末を知って二度見でも面白い

注目作品とあって公開後すぐ観に行かれた方も多かったようです。
かなり満足度の高い感想が多かったです。

ううう気になる。レディスデー狙いで行こうかな…。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 -