「ワイルド・スピード ICE BREAK」のあらすじと評価。最新作スピンオフ「スーパーコンボ」はいつ公開?

2019年6月6日

ワイルド・スピードシリーズ最新作となる「ワイルド・スピード ICE BREAK」が公開されました。
大迫力のカーチェイス、ぜひ映画館の大きなスクリーンで観たいですね!
上映期間や評価を調べてみました。

2019年6月5日更新

Amazonプライム会員の方はPrimeVideoで「ワイルド・スピード」シリーズ作品(EURO MISSION/ICE BREAK以外)を追加料金なしで視聴できます。

dTVでは「ワイルド・スピード」シリーズ作品(ICE BREAK以外)を追加料金なしで視聴できます。

どんな映画?

ワイルド・スピードは2002年に公開された第1作目から、本作で劇場版8作、短編映画2作の合計10作が発表されています。

ストリートレース、カーチェイスと、犯罪捜査が絡まった、爽快アクション映画です。

前作「ワイルド・スピード SKY MISSION」では世界歴代興行収入順位6位と世界的な話題作となりましたが、今作はシリーズ最も多額の制作費をかけた作品となっています。

予告編では氷を割って潜水艦が追いかけてくるというスケールの大きな演出もありました。
どんな作品になっているのか、すでに映画館で観た方の感想も気になります。

過去作一覧

参考までに、ワイルド・スピードの過去の劇場公開作品7作を、公開年代順に並べると以下のようになります。
(短編映画は含んでいません。)

  • ワイルド・スピード (2000年)
  • ワイルド・スピードX2 (2003年)
  • ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006年)
  • ワイルド・スピード MAX (2009年)
  • ワイルド・スピード MEGA MAX (2011年)
  • ワイルド・スピード EURO MISSION (2013年)
  • ワイルド・スピード SKY MISSION (2015年)

あらすじ

「何よりもファミリーが大切」
いつでも仲間を愛し大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)がファミリーを裏切った。

予想外の事態によって投獄されるホブス(ドウェイン・ジョンソン)。崩壊の危機に直面するファミリー。

ドミニクの裏切りの影にいるサイバーテロリストの目的は何なのか。
テロリストの工作により街中の車が大暴走する中、陰謀によって投獄されたホブスは宿敵デッカード(ジェイソン・ステイサム)と組んで脱出。

ドミニクの狙いは?
謎の女テロリストの目的は?

スポンサーリンク
[ad#co-1]

上映期間

「ワイルド・スピード ICE BREAK」は2017年4月28日(金)より6月中旬頃まで全国の劇場で公開されていたようです。

感想と評価

映画館で観てきた!という方の感想を集めてみました。

  • 何も考えずに楽しめるアクション映画
  • シリーズ観てきた期待を裏切らない
  • 車好きなので車が壊されすぎて悲しい
  • 前作までよりもスケールアップしている
  • キャラクターがしっかりしていてよかった
  • シリーズに登場する好きなキャラが登場せず残念

長く続いているシリーズだけに、キャラクターや車への思い入れのあるファンも多いようです。
基本的には「ヒャッハー!」とお祭り騒ぎのノリで観るのが楽しめる映画なのですね。
感想の中には、「自分の楽しめるように観れば良い」というアドバイスもありました。

最新作は?

2019年公開予定のスピンオフ作品「ワイルドスピード/スーパーコンボ」は2019年8月に公開予定です。

時系列としては、「ICE BREAK」の後の物語となります。

原題は「HOBBS&SHAW」で、タイトル通りルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)がタッグを組むという物語。

犬猿の仲の二人がどんなコンビネーションで活躍をするのか、またまたハチャメチャ展開が予想されますね。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございました!