映画・ドラマ・漫画のレビューやストーリーを紹介します。

Yuenosu@Revue

ゼンタングルの初心者向けパターン書き方紹介 1日1タングル-5

 
  2016/11/08
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
四国・愛媛で、愛娘と猫2匹と暮らしています。 読んだ本、観たい映画、観た映画・ドラマについて、ストーリーや感想を備忘録がわりに書き綴ります。 仕入れたときはトリビアネタも書きます。
詳しいプロフィールはこちら

初心者でも描けるゼンタングルパターンを紹介しています。
1日1タングル、4日目です。

スポンサーリンク

今日のゼンタングル

今日は描きたい模様を並べてみました。
枠は作っていません。
サイムと花の模様を入れる場所だけ、はじめにおおまかに○を描いておきました。

右下の菊っぽいお花模様は、サークルKのK’sカフェにて見かけた模様を真似して描いてみました。

K'sカフェドリップコーヒー

K’sカフェコーヒー

使ったパターンは以下です。
※リンクのあるものは別ページにて描き方を解説しています。

スポンサーリンク

初心者向けパターンの描き方

フロンドス

フロンドス

小さめに葉っぱのような形を描いていきます。
ここまで描こうという大きさ(長さ)になったら、周囲を囲む線を描いていきます。

葉っぱ形の先をちょっと尖らせるように描いていくと、麦っぽい印象になります。

最初に中心線を鉛筆で軽く描いておくとまとまりやすいです。

バンパー

バンパー

最初に描いた線を踏まないように注意して描いていきます。
描きたいところまで描いたあと、●を好きなところに散らしていきます。

ムーカ

ムーカ

ツイートしたものはニョロニョロを1本ずつ描いてしまったのですが、本の描き方を確認したら一筆書きでした。

先に描いたニョロが内側のニョロを包む形になるように重ねていくと、つぼみのようなかわいいまとまりになります。

まとめ

思うままに描くのも楽しいです。

最初に枠を描いてエリアを分けて、模様で埋めていくのとはまた違う楽しみがあるなと感じました。

好きなパターンで埋め尽くしてみるのも楽しそうですね。

■参考書籍

関連記事
■ゼンタングルの作品例や本を紹介。道具やペンは?
■他の1日1タングル

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
四国・愛媛で、愛娘と猫2匹と暮らしています。 読んだ本、観たい映画、観た映画・ドラマについて、ストーリーや感想を備忘録がわりに書き綴ります。 仕入れたときはトリビアネタも書きます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Yuenosu@Revue , 2016 All Rights Reserved.