物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

怪盗山猫ドラマ3話までの相関図・再放送見逃し配信情報!加藤諒の役は?

      2016/09/09

大人気放送中の怪盗山猫、毎回新たなが出て来て少々混乱気味です。
第3話までの登場人物と謎についてまとめてみました。

第3話までに登場した人物と相関図

山猫相関図

怪盗山猫人物相関図

山猫(亀梨和也)
自称天才怪盗探偵。
法を犯して大金を稼ぐ企業や集団から窃盗を行っている。

勝村英男(成宮寛貴)
雑誌記者。
天才ハッカー魔王の情報をめぐって山猫に弱みを握られ、以来、情報収集係兼おとりとなってすっかり山猫一味に馴染んでいる。

宝生里佳子(大塚寧々)
山猫の仲間。
アイテムの調達や車の運転など敏腕サポーター。
情報通でアクションも色仕掛けもこなせる女性。

高杉真央(魔王)(広瀬すず)
「魔王」を名乗る天才ハッカー。
母を亡くし、父の悪事に協力してきたがとある事件以降、山猫に協力している。
山猫一味の根城であるバー・ストレイキャットに寝泊まりしている様子。

細田政生(塚地武雅)
魔王が来る以前から山猫に協力していたハッカー。
結城天明に依頼され山猫を裏切ったことが発覚、その後何者かに射殺された。

宝石の画像

出典:写真素材足成

関本修吾(佐々木蔵之介)
山猫を追い続ける北本署の刑事とは仮の姿。
実は山猫一味の一人。
しかし都知事に立候補した藤堂とは協力関係にあるようで、山猫が執着している結城天明とも過去につながりがあった様子。

霧島さくら(菜々緒)
北本署の山猫事件担当刑事。
勝村の大学時代の後輩で、勝村のことが好き。
刑事であった父の殉職現場で山猫を見たことから、山猫が父を殺したと信じ、山猫を恨んでいる。

犬井克明(池内博之)
狂犬とあだ名される特別捜査室の刑事で、北本署へ配属になった。
チームを嫌い単独で行動、手段を選ばない捜査で顰蹙を買っているが、狙った獲物は逃さない優秀な刑事でもある。

藤堂健一郎(北村有起哉)
元ニュースキャスターで、都知事選に出馬している。
選挙戦まっただ中。
結城天明を「先生」と呼び、モニターを通じて会話をしている。
関本とも協力(取引?)しており、単に都知事になるだけではなく何か企んでいる様子。

中岡太一(笹野高史)
暴力団キョウブ会の元会長。
組の裏金を餌に、山猫を使って現組長の息子を退かせ、自分が会長に返り咲いた。
政界ともつながりがあり、結城天明の存在も知っている。

セシリア・ウォン=赤松杏里(中村静香)
高級コールガールは仮の姿、実はアジアンマフィア・サーペントのスパイ。
対立するロシアンマフィアを壊滅すべく山猫と一時的に協力関係にあったが、組織そのものが今後どう立ち回るのかはまだ謎。

門松達郎(加藤諒)
赤松杏里ことセシリアがコールガールとして所属していた秘密クラブの従業員。
不器用だが純粋な青年。

結城天明(?)
戦後最大のフィクサーと呼ばれる謎の人物。
過去に山猫を殺害しかけたらしく、そこには関本も関わっていたよう。
死亡説もあるが、都知事に立候補した藤堂から「先生」と呼ばれ、裏社会に力を持ち続けている様子。
藤堂のディスプレイを通して映る姿はグロテスクなジャック・オ・ランタンのような姿。

スポンサーリンク

ここまでの謎まとめ

3話放送時点でたくさんの謎が出て来ました。
1話ごとに完結する事件の背景で渦巻く謎を挙げてみました。

2013年の山猫
第1話冒頭から、2013年の回想シーンが断片的に挟まってきています。
最初は山猫が外国人らしき男たちから暴行を受けているシーン。
軍用?トラックの荷台から抜けだした山猫は運転手をハンドルに叩きつけて脱出します。

第3話では傷だらけの山猫がビルの屋上で関本と対面します。
山猫が関本に「裏切った」と言っていたので、関本と山猫は元仲間、または協力関係にあったようです。
山猫は結城のことを憎んでいるようですし、結城は「山猫の首を持っていけば喜ぶ」らしいので、互いに敵対関係にあるようです。

それにしても、関本や藤堂、中岡太一やサーペントなどが絡まりあっていて、どうも本筋が見えてきません…。

怪盗山猫

出典:Nippon Television

殺したのは誰?
第1話ラストと、第3話ではそれぞれ1人ずつ、山猫の仲間が射殺されています。
1話では塚地武雅さん演じる細田、3話では加藤諒さん演じる達郎。
達郎は本人が狙われたわけではなく、サーペントのセシリアが狙われたのですが、結果的に山猫の仲間が命を落としました。

細田の死については、山猫の行動がかなり疑わしかったのですが、関本は「山猫は人を殺さない」と言います。

菜々緒さん演じる霧島さくらの父についても、遺体のあった場所に山猫がいたことはさくら本人が見ていますが、山猫が撃ったのは見ていません。

これらの殺人を簡単に行っている人物は結城なのでしょうか?

怪盗山猫

出典:Nippon Television

山猫×武士道、なぜ?
山猫が武士道をそらんじている理由は、時々ドラマ中にも出て来ます。
「この国にはもう日本人はいない」
「でも市井の人々を信じている」
忘れられたように見えるけれども、日本人の根底にある大和魂・武士道を信じたい、と熱く叫ぶ山猫。

しかしながら、なぜ武士道なのでしょう。
数々の道徳本や哲学書を読み漁った結果辿り着いたのでしょうか?
それとも、だれか師と呼べるような人から伝えられたのでしょうか?

山猫が半死半生で逃げ延びた時も、ポケットに武士道が入っていました。
肌身離さず持ち歩くほど、そらんじるほど読み込む理由とは一体何なのでしょう。

怪盗山猫

出典:Nippon Television

見えてきたこと

関本は曲者
刑事でありながら山猫を逃がすように捜査を撹乱していたという関本。
大塚寧々さん演じる宝生里佳子は、さらりと「もう一人のメンバー」といって関本を紹介していましたが、果たして関本は本当に山猫の味方なのでしょうか。

第2話で山猫が潰した芸能事務所には、藤堂の対立候補だったタレントが所属していました。
第3話でマネーロンダリングが明らかになり潰されたロシアンマフィアも、藤堂その人が潰したがっていたマフィアでした。

関本は藤堂に協力するために山猫をうまく使っているようにも見えます。
「俺と一緒に結城からこの国を取り戻す」
その言葉は本物なのでしょうか…関本、怪しい!

怪盗山猫・関本

出典:Nippon Television

私的予想

結城天明は死んでいる!?
結城天明は戦後最大のフィクサー、と第1話で中岡太一が言いました。
政界財界に通じた暴力団の会長がそのように評する人物が、たかだか都知事候補になった元キャスターに協力なんてするかしら…と思ってしまいました。

つまり、トゲトゲカボチャのような結城天明は、藤堂の自作自演のハリボテなんじゃないかと…!

ゆうきてんめい?

出典:Nippon Television

原作小説の第2巻に登場する藤堂健一郎は、元警察官を雇って「ウロボロス」という集団を作っていました。
都営カジノを実現させるために、暴力団とマフィアをぶつけて双方排除するという計画を立てていたのでした。

原作からして、藤堂の一人芝居のために結城天明という名前を騙って関本や山猫を振り回しているだけのような気もするようなしないような。

しかし「死んだ」と思わせておいて実は生きていた、というのは歴史上の要人の常套手段でもありますよね。
本当のところは、第4話以降のお楽しみですね。

怪盗山猫ドラマ関連記事
怪盗山猫第3話ネタバレ・感想!バイク女の正体!関本は犯人か仲間か?
ドラマ怪盗山猫第2話感想!裏切り塚地を殺した犯人はゆうき?バイクの女は?
ドラマ怪盗山猫第1話あらすじネタバレ、武士道の謎、怪盗になった理由?
ドラマ怪盗山猫キャストまとめとロケ地調査!主題歌予想はKAT-TUN?

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆ドラマ◆ ,