物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

怪盗山猫第3話ネタバレ・感想!バイク女の正体!関本は犯人か仲間か?

      2016/09/09

謎が深まるドラマ怪盗山猫第3話、細田殺害の犯人は判明するのか?関本刑事は本当に味方なのか?
ネタバレあらすじをご紹介しつつ、考察も!

登場人物が増えたので3話までの登場人物相関図
つくりました。

今回のあらすじ

山猫を追い続けている刑事の関本は山猫の仲間でした。
バー・ストレイキャットに顔を揃えているところに、滝川(浅利陽介)という男がやってきます。
のらねこ探偵事務所はここですか?」
いつから探偵事務所だったのか不明ですが、滝川は行方不明の恋人・赤松杏里(中村静香)を探してほしいと依頼をしてきます。

写真を見た山猫は、キョウブ会の中岡太一が泊まっていたホテルの従業員だったことに気付きますが、ホテルでは「そんな従業員はいない」と言われます。
別方向で調べていた勝村は山猫に、赤松杏里という女性は戸籍がなく存在していないと報告します。

ネタバレ

ホテルで情報を掴めなかった山猫は、前回の事件の際に真央が録画していたホテル内のカメラ映像をチェックします。
防犯カメラを通して山猫に「もうすぐ会える」とメッセージを送る女性・杏里は、細田の自宅を調べている時に走り去ったライダースーツの女でした。
中岡太一が赤松杏里を自室へ招き入れているところを確認し、中岡に聞いたところ、赤松杏里は高級コールガールであると言われます。

杏里の名刺を受け取った山猫は早速その秘密クラブ「Alkmene(アルクメネ)」に電話をかけて杏里を指名しますが、杏里はやってきませんでした。
代わりにアルクメネの従業員である門松達郎(加藤諒)が山猫と勝村を尾行してきたところを捕まえます。

山猫は達郎から、杏里が本名をセシリアだと聞き出しますが居所はわかりません。
がっかりする山猫でしたが、達郎の携帯を見た里佳子は、待ち受け画面に映るセシリアのネックレスが蛇の女神「サーペント」であり、アジアンマフィアの名前だと気付きます。

怪盗山猫

出典:Nippon Television

勝村は刑事のさくらから、サーペントは東京の裏社会を牛耳るマフィアだったが、ロシアンマフィアに押されて勢力を弱めているという情報を聞き出します。

山猫たちは滝川に、杏里は台湾出身で本名はセシリア・ウォン、サーペントのスパイとして、ロシアと取引のある滝川の貿易会社の情報を狙った可能性があると伝えますが、滝川はロシアマフィアとの繋がりはないと断言します。

そこにセシリアから電話が入ります。
杏里は山猫に、滝川の会社が仮想通貨でロシアンマフィアのマネーロンダリングを行っており、その10億円を奪うために手を組まないかと持ちかけてきます。

関本は山猫に「赤松杏里の件にゆうきが絡んでいる」と漏らします。
赤松杏里の提案に乗れという関本を、信頼しきれない様子の山猫でしたが、関本との間に共通の目的があることを指摘されます。

怪盗山猫

出典:Nippon Television

杏里と対面した山猫は作戦には乗らないと断り、依頼者の滝川を杏里と対面させ、2人を残して立ち去ります。
滝川は山猫が立ち去ると杏里に銃を突きつけ港の倉庫へ連れ去ります。
杏里の読み通り、滝川はロシアンマフィアの10億を酒樽に隠し海外に運び出すつもりでした。
杏里が盗み出していたカードキーを奪い返した滝川は杏里を射殺しようとしますが、倉庫内に「酒樽の現金を盗み出した」という山猫の声が流れます。
慌てた滝川とマフィアたちは自ら現金の場所を示してしまいます。

放送は山猫に扮した勝村の撹乱作成でしたが作成は失敗。
山猫は金を盗んで逃走する予定でしたが、自由になった滝川に見つかります。

滝川は山猫をコンテナに縛り、杏里を連れてトラックで逃走しますが、トラックの積み荷は酒の入った酒樽でした。
そこへ関本が現れ、酒の窃盗とマネーロンダリングの罪で滝川を逮捕し、杏里を逃します。

倉庫でマフィアに襲われそうになった勝村は、尾行していたさくらに助けられます。
さくらから、山猫との関係を聞かれた勝村は「僕は知らない」とシラをきります。

怪盗山猫

出典:Nippon Television

滝川から逃れた杏里は山猫と落ち合います。杏里の狙いはマネーロンダリングの証拠を掴みロシアンマフィアを潰すことでした。
互いの仕事を終えて別れようとした山猫は、杏里の胸元に当たったレーザーポインタの赤い光に気付きます。
伏せろと言う山猫に、とっさに反応できない杏里。
銃声がして、杏里の前に飛び出した達郎が撃たれます
山猫の介抱虚しく達郎は絶命、その場に現れたさくらが撃ったと思い込み攻撃する杏里に、山猫は「こいつじゃねえ」と言います。

怪盗山猫

出典:Nippon Television

さくらは薄れゆく意識の中で、父の遺体を見つけた時に立ち去った山猫の姿を思い出します。

関本は藤堂と面会し、滝川を紹介し山猫やセシリアを使ってロシアンマフィアを潰させたんだなと言います。
藤堂は悪びれることもなく「ゆうき先生もお喜びですよ」と言います。
ディスプレイに映った仮面の男は関本に「久しぶりだな」と声をかけました。

スポンサーリンク

謎!

関本刑事は一体何者?
山猫一味から「おっさん」と呼ばれ、刑事でありながら山猫が捕まらないように警察の捜査を撹乱している関本刑事(佐々木蔵之介さん)。
過去の回想シーンで、傷だらけの山猫に「生きてたのか」と話しかけ、俺と一緒にゆうきからこの国を取り戻そう、と呼びかけています。
しかしながら、都知事選に出馬し、ゆうきてんめいとも繋がりのある藤堂(北村有起哉さん)に協力しています。
ゆうきてんめいもまた、関本刑事のことをよく知っているようです。
山猫は関本を本心から信頼してはいないようですが…。

暴力団にマフィアに…
第2話で登場した暴力団・キョウブ会、今回登場したアジアンマフィア・サーペント、そしてロシアンマフィア・ジョージアマフィアと、裏社会の役者が続々登場します。
今回の藤堂のセリフから、ジョージアマフィアを排除したかったのは藤堂であり、ゆうきの望みでもあったようです。
しかしキョウブ会の中岡太一はゆうきともつながりがあり、サーペントのセシリアは彼にキョウブ会会長へ返り咲く策を提案したと言います。
今回の一件で、サーペントと山猫は一時的とはいえ協力関係にあったわけですが、今後その危ういバランスがどのように変化していくのか気になります!

さくらの父を殺したのは?
霧島さくら(菜々緒さん)は2年前に刑事であった父の殉職現場を発見しました。
その際、現場から立ち去る仮面の男を見て、山猫が父を殺した、と信じています。
時々出てくる山猫の過去回想シーンの年代は2013年。
さくらの父が殉職したことと、山猫の身に起きたことはどんな関係があるのでしょうか?

山猫の過去に何が?
関本のセリフから、山猫が何者か(ゆうき?)に恨みを抱き「復讐」しようとしていたらしいことが分かります。
山猫が外国人らしき男たちに拘束されていたことや、武士道を離さず持っていたことと関係があるのでしょうか?
今回、達郎の死を看取りながら山猫の言った「お前みたいなやつが笑えるように」という言葉は、山猫の「復讐」とどう繋がるのか…まだまだ謎が増える一方です。

本日の「武士道」

義 勇 仁 礼 誠 名誉 忠義

こちらは新渡戸稲造の「武士道」の各章タイトルになっている言葉です。
日本人の根底を支える道徳を著しています。
山猫は、失われつつあるように見えるこれらの道徳観が、まだ日本人の根底に残っていると信じているのですね。

かつては日本人なら誰もが兼ね備えていた資質だった
けど俺たちは、いつしかその心を忘却の彼方へ置き去りにした
それでも侍の魂をもった人間はこの国にいるんだよ
たしかにいるんだよ

そして、山猫がそらんじた吉田松陰の言葉。

かくすれば かくなるものと知りながら
やむにやまれぬ 大和魂

現代語にすると、

 こうすればこうなると知っていながら
 やむにやまれず行動をしてしまう
 これこそが大和魂である

というような意味になります。

セシリアを守るために銃弾の前に飛び出した達郎くんの行動は、まさにこの行動なのでしょう。
死に際にあって、痛いとも苦しいとも言わず、笑顔でありがとうと言った達郎くん…。
山猫が守りたい、信じたい日本人の一人であったと思います。

怪盗山猫

出典:Nippon Television

いつものレザージャケット+スウェットではなく正装で、亡き達郎と「WILDCAT」を酌み交わす山猫。

関連記事
前回のあらすじネタバレ
怪盗山猫まとめ

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆ドラマ◆ , , ,