物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

フラジャイルドラマ第1話あらすじネタバレ・感想!見逃し配信動画あり!

      2016/09/09

いよいよ始まりました。ドラマ・フラジャイル。
医療系ドラマでヒーロー役が長瀬智也さん、脇を固める俳優陣に北大路欣也さん、小雪さんなどが登場しています。
原作漫画は読んだのですが、実写ドラマでどのように展開していくのか、1回ごとにストーリーを追っていきます。

関連記事
キャスト相関図

今回のあらすじ

壮望会第一総合病院で「変人だけど優秀」と言われる病理診断科の医師・岸京一郎は、医師たちに煙たがられている存在。
新米の神経内科医・宮崎智尋はまだその存在を知りませんでした。
指導医の高坂は、宮崎が患者の対応に時間をかけすぎていると言い、もっと適当にやれと言います。

日々患者の対応に追われる宮崎は、頭を打って搬送された救急の患者・花梨の治療方針を決めるカンファレンスで、「頭は問題ない、腰の違和感について椎間板のCTを撮る」と方針が決まりますが、宮崎はその診断に不安があります。
新米の引け目から自分の意見を言えない宮崎をよそに、岸が担当医の高坂を一喝。
そんな岸を見て、宮崎は「椎間板だけでなく脳のCTを撮るよう意見してほしい」と岸に頼みます。

★公式サイトで最新話無料公開中!

相関図に登場していないキャスト
平岳大(神経内科医・高坂先生)
津田寛治(臨床検査部長)

ネタバレ

※これからドラマ本編を観ようと思っている方はご注意下さい!

花梨の症状とカンファレンスの結果に疑問を感じたものの、先輩医師たちに意見できなかった宮崎は岸に疑問を打ち明けます。

最初は、診断は乱暴だが間違いではないと言う岸でしたが、一時的に脳の血流が止まる一過性脳虚血発作(TIA)の疑いがあることに気付きます。

疑いを確信に変えるためには脳のMRIを撮る必要がありますが、カンファレンスで決めた検査を変えるためには担当医師たちを説得しなければなりません。

岸から担当医・高坂のIDを使って検査内容を書き換えろと迫られ「出来ません」と断る宮崎でしたが、再び発作が起これば脳が回復不能のダメージを受けることは判っています。

花梨の病室を訪れた宮崎は、母親に心配をかけたくないと泣きじゃくる花梨を見て心を決めます。

岸が高坂を呼び出した隙に、宮崎は高坂のIDを使って脳MRI検査を行います。

MRIで脳梗塞の跡が見つかった直後、花梨は発作を起こしますが、対応が早かったため緊急手術は成功。一連の診断と手術成功は全て担当医の高坂の手柄とされます。

岸の言動を見て、宮崎は病理診断科へ入れて欲しいと岸に頭を下げます。
そして岸には断られますが、勝手に見習いとして病理診断の勉強を始めます。

スポンサーリンク

そんな中、呼吸器内科医・藤原が病理診断科へ内線をかけてきます。
岸の診断で化学療法をしたが患者に効果が出なかった、診断は間違っていたというのでした。

岸はより詳しい検査が必要だと詰め寄りますが、藤原は、癌ではなく肺炎だと言い切ります。
藤原は、これ以上患者の負担を増やす訳にはいかない、検査内容も治療方針も、決めるのは臨床医の自分だと言います。

宮崎は患者の病室を訪れ、まだ癌の疑いの残る患者を退院させることを知ります。
宮崎から話を聞いた岸は、再度藤原を説得しようとしますが、藤原は「診断に100%なんてない」と言い、岸の説得をはねつけます。

また臨床検査部長からも、「これ以上病院内を引っ掻き回すなら、病理診断を外へ依頼する」と釘を刺されます。

岸のもとで働く優秀な臨床検査技師・森井久志は、岸の指示でより細かく検査を行い、その結果を岸が診断。
原発性肺癌(肺に発生した癌)ではなく、他の臓器で発生した癌が転移したのだと断定します。

決定的な証拠データをもとに藤原を納得させ、岸は
君たちが医者でいる限り、僕の言葉は絶対だ
と宣言します。

藤原の患者の鑑定をしつつ、手術中の外科医・細木まどかが持ち込んだ癌細胞をわずか数秒で診断した岸を見ていた宮崎。
宮崎は岸から渡されたプレパラート1つ鑑別できないことを岸に伝え、自分には病理は無理だと頭を下げます。

しかし、自分の鑑別に自信を持てないなら「分からない」で正しいと岸は言います。
診断が正しくとも患者から感謝されることはない、あるのは責任だけ。それでもやるなら病理に入れてやる、と言われ、宮崎は「私を病理に入れてください」と答えます。

岸京一郎

出典:フジテレビ

どう見ても悪役顔!の岸(笑)

私的注目ポ!

個人的注目ポイントを挙げてみました。

原作より構図が分かりやすい
疎まれつつ正しいことをする岸と、適当に患者をやり過ごす(ように見える)臨床医。
対立の構図がすごく分かりやすいですね。
原作漫画では、臨床医も皆さん悩みを抱えてて、岸とうまくやってる人もいるんですけど。

宮崎医師がなんか弱々しい
元気なんだけど、芯というか自分がないように見えます。
ドラマなので、これから回を重ねるごとに強くなっていくのかな?
2年目の研修医という設定で、病理に行くまでの苦悩もあったはずなので、そのあたりも描かれていくといいなと思います。
新米も古参も、医師というお仕事は大変だと思いますよ(汗)

ちらっと出て来た人たちの立ち位置は?
津田寛治さんが演じていた臨床検査部長、小雪さん演じる外科医・細木、北大路欣也さん演じる中熊教授など、どんな存在なのか、どういう立ち位置なのかまだまだ見えてきませんね。
ドラマと原作とでは若干関係性も変わるかもしれないので、今後の展開が気になります。

宮崎医師のカットソー
武井咲さん演じる宮崎、若い女性なのに白衣姿ばかり(笑)
ですが、インに着ているカットソーが可愛かったですね!
白衣の中に着てるものまで注目したことがなかったのですが、実際の医師もこんなおしゃれなのかしら。

次回予想

予告動画の「急患」「誤診」のキーワードから、原作に関連話はないか確認したところ、おそらくこれと思われる話がありました。

アルコールを飲みながら作業をしていた職人が、倒れて救急搬送されます。
救急担当の医師は急性アルコール中毒と診断しますが、森井と岸は別の見方をします。
追加検査をするためには臨床医の検査依頼が必要ですが、担当医は聞く耳を持ちません。

宮崎は患者の家族を訪ね詳しい状況を聞くことで、患者が飲んでいたものがボトルのラベル通りのものではなかったこと、薬物を使用していた可能性があることを突き止めます。

★公式ツイッターには番組の情報も!

おまけ

岸が頼りにしている臨床検査技師・森井久志を演じる野村周平さん、実は芸能界デビュー以前にスノーボードの選手として活躍していたそうです!
現在でも公式サイトで趣味はスノーボード、スケードボードそして競技用自転車BMXと公表されています。
また、中国人とのクォーターで、特技は中国語なんだそうです。

岸役の長瀬さんと並ぶとそんなに背が高いイメージがないのですが、実は175cmと結構背も高いんですね!

原作漫画よりもフレンドリーな森井くんを演じていて、なかなか好印象でした。
ちょっと影のある役どころです。今後どんな森井くんが現れるのか楽しみですね。

関連記事
2016長瀬智也ドラマ・フラジャイルのロケ地と予告!キャストは?

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆ドラマ◆ , , , ,