物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

ファインディング・ドリーで史上初!八代亜紀が歌うテーマソングの曲名は?

      2016/09/09

公開が待ち遠しい夏映画、ファインディング・ドリーに、日本の歌手である八代亜紀さんが登場します!
ディズニー史上初というその登場シーンとは?

なにが史上初なの?

八代亜紀

出典:Yahooニュース

2003年に公開されたディズニー/ピクサーの映画「ファインディング・ニモ」の続編となる「ファインディング・ドリー」は、早くも話題になっています。

この映画の中で、なんと日本の歌手である八代亜紀さんが登場!
といっても声の出演のようですが。

ディズニー映画で「登場キャラクターが実在の有名人の名前を呼ぶ」ことは異例なのだそうで、今作でドリーが八代亜紀さんのお名前を呼んだのは注目すべきことなんですね!

八代亜紀さんの登場シーン

八代亜紀さんが本編で演じたのは、海外版でハリウッド女優のシガニー・ウィーバーが演じた天の声(?)です。

その話題のシーンはこちら。

ハスキーでありながらも柔らかい八代亜紀さんの声、とっても優しく聞こえますね。

声優には初挑戦となる本作でしたが、苦労した点はどんなところだったんでしょう?

監督に八代亜紀の“声”のまま淡々とした感じでと言われたんです。
歌ではずっと抑揚をつけるということを何十年もしていますから、抑揚がいらないと言われてとても難しかったですね
引用:Yahooニュース

情感をこめて歌うことがお仕事である八代亜紀さんには、”淡々と”が難しかったんですねー。

スポンサーリンク

エンドソング

ファインディング・ドリーのエンドソングは、かつてナット・キング・コールが歌った「アンフォゲッタブル(忘れられない)」です。

その名曲をナット・キング・コールの娘であるナタリー・コールが、生前にレコーディングされた父の声と感動的な父娘デュエットをしたことで話題になりました。

そんな素敵な曲を、日本語で歌うのが八代亜紀さんです。

ジャズシンガー八代亜紀

日本人であり演歌歌手のイメージが強い八代亜紀さんですが、実は世界75カ国でジャズアルバムを配信しているのです!

海外のジャズクラブでライブも行っており、ジャズシンガーとしても活躍されています。

ハスキーボイスとビブラートの「Fly me to the Moon」めちゃくちゃ素敵です!
そして八代亜紀さんの代表曲「雨の慕情」ジャズバージョン。
演歌とジャズって合うんだ…新発見でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

■ファインディング・ドリー公開日と前売り券情報

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, , ディズニー/ピクサー , , , , ,