物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

アリスインワンダーランド時間の旅、隠された7つのメッセージ!

      2016/09/25

アリスインワンダーランド~時間の旅~が公開されました。
前作に引き続き、色鮮やかな不思議な世界。その中にはたくさんのメッセージが隠されているといいます。
劇場で配布されているリーフレットがなかなか興味深かったのでご紹介します。

「アリス」に隠されたメッセージ

劇場に上記のようなリーフレットが設置されていました。
A3サイズ1枚の印刷物ですが、折りたたまれて本のようになっています。

タイトルは”「アリス」に隠された7つのメッセージ”。
思わず手に取らずにはいられませんでした!

リーフレット内容

内容は、表紙・裏表紙のほか、映画ストーリーと登場人物紹介、そして隠された7つのメッセージ、という構成です。

隠されたメッセージについては、映画原案となっている「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」の日本語訳をされている河合祥一郎さんが関わって解説されています。

では気になる7つのメッセージとは?

隠された7つのメッセージ

映画の中のセリフを引用しつつ、アリスインワンダーランドのメッセージを見てみましょう。
※引用元は全て、前述のリーフレット

アリスの勇気

~ 不可能に挑むことをやめたら私じゃないわ(アリス) ~

「アリス」はいつの時代、誰の心の中にもある「課題」とその「克服」を書いた物語です。
(中略)
何事も恐れる事なく前に進むアリスの強さと勇気は、先が見えない不安が渦巻く今の時代においても求められています。

ワンダーランドはアリスの心の中

~ 不可能じゃないな。非可能なだけだ(チェシャ猫) ~

ワンダーランドはアリスの心の中だという解釈があります。つまりアリスの不安や悩みを東映した世界です。
(中略)
本作は、過去の思い出にとらわれたアリスが、「過去は変えられないが、そこから学ぶことができる」ことに気づき、大人の女性へと脱皮していく物語。
アリスが現実者会で突きつけられている課題を乗り越えるうえで大切なことをワンダーランドで学び、成長していくというストーリーです。

キャラクターたちはアリスの分身?

~ なぜ誰も私を愛してくれないの?(赤の女王) ~

ワンダーランドがアリスの心の中だとすれば、個性豊かで摩訶不思議なキャラクターたちは、それぞれアリスの分身です。
(中略)
そんなキャラクターたちと過ごしながら、アリスは自分自身を深く知ることで、様々な困難や問題に対処する方法を身につけていくのです。

思わずアリスに共感するわけ

~ 女のわがままは通らない。受け入れるしかないの(アリスの母) ~

ファンタジーの代名詞のような「アリス」シリーズですが、アリス本人はいつも極めて現実的な問題に直面しています。
(中略)
本作ではヘイミッシュに大切な船を奪われようとしています。
この船=ワンダー号は最愛の父の形見であると同時に、彼女が情熱を傾けるかけがえのない仕事の場でもあります。
恋愛のトラブルや仕事のストレスなど、あまりに身近なアリスの悩みには誰しも共感。

スポンサーリンク

なぜ”鏡”からワンダーランドへ?

~ やっと戻ったなアリス。よく鏡を抜けた(アブソレム) ~

前作ではウサギの穴だったワンダーランドの入り口は、本作では”鏡”です。
鏡の世界は現実の世界の逆転であるという世界観の現れで、時間を遡るアリスの冒険を象徴するよかのように、鏡に映る時計は逆回りしています。
(中略)
少女から大人に成長することで、これまでのアイデンティティが揺らぎ始めたアリスは、新たなる一歩を踏み出すために、本当の自分と向き合うことが必要だったのです。

不可能を可能にする魔法

~ 君はずっとアリス。僕を信じてくれるはず(ハッター) ~

今は亡き最愛の父から、不可能を可能にする「秘訣」を受け継いだアリス。それは、「信じる」こと。
(中略)
しかし、本作でアリスは、死んでしまった家族を取り戻したいというハッターの願いに「不可能よ」と答えてしまい、ハッターから「アリスなら僕を信じてくれるはずだ」「君はアリスじゃない」と宣告されてしまいます。
それは、大人になったアリスが、アリスであり続けるかどうかを決めるターニング・ポイント。
ここから彼女の本当の冒険が始まります。

時間は敵?

~ 毎日が贈り物よ。その毎時間、毎分、毎秒が(アリス) ~

本作は、時を操る番人・タイムとの戦いが大きなテーマ。
愛する父の死によって、アリスは時を「泥棒」であり、敵であるとみなします。
しかし、マッドハッターを救うために時間を遡る旅に出たことで、時間は「奪う」だけでなく、多くのものを「与える」ことに気づきます。
(中略)
過去にとらわれるのではなく、未来に歩き出す決意をしたアリスの潔さは、現代を生きるすべての人へのエールになるでしょう。

明かされるワンダーランドの秘密

前作「アリスインワンダーランド」には、ワンダーランド=アンダーランドの不思議で奇妙な住民たちが多数登場しました。

「不思議の国だから」と受け入れてはいても、見ていて「なんで?」がたくさん湧いてきた人も多いのではないでしょうか。

今作ではワンダーランドの時間を遡ることで、前作に登場した仲間たちの”過去”を見ることになるアリス。

マッドハッターはどうしてマッドに(いかれて)しまったの?
チェシャ猫は生まれた時から消えることができたの?
赤の女王=イラスベスの頭が膨らんだのはなぜ?

などなど…キャラクターの秘密が作中で明かされることになります。

前作に引き続き魅力的な世界の中に、深く心に訴えるメッセージがあるんですね。
見る人みんなに何かしら響くものがありそうです。

■アリスインワンダーランド時間の旅の上映期間
■アリスインワンダーランド時間の旅の主題歌と歌手の情報
■アリスインワンダーランド/時間の旅を4DXで観た感想と映画館で買えるグッズ

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, , ディズニー/ピクサー , , ,