物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

スターウォーズエピソード1あらすじ登場人物とネタバレ感想。オビワン若!女王衣装!?

      2016/09/09

年末に公開され、お正月映画ランキング1位のスターウォーズ7/フォースの覚醒が絶賛上映中ですが、この記事は前作をみていない人のための過去作レビューです。
ここで紹介するのはエピソード1/ファントム・メナスです。
個人的レビューとなりますので、公式やWikiとは解釈が違う可能性があります。

映画データ

スターウォーズ1

出典:Amazon

タイトル:スターウォーズ・エピソード1/ファントム・メナス
脚本・監督:ジョージ・ルーカス
出演:
 リーアム・ニーソン(クワイ=ガン・ジン)
 ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)
 ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ女王)
 ジェイク・ロイド(アナキン・スカイウォーカー)
 イアン・マクダーミド(パルパティーン議員)
 ペルニラ・アウグスト(アナキンの母)
 レイ・パーク(ダース・モール)

動画情報:tsutayaTV、dTVにて有料配信中。

あらすじ

アナキンとシミ・スカイウォーカー

銀河共和国通商連合は辺境星間の交易課税の是非で意見が割れ混乱していました。
ことを有利に運ぶため通商連合は辺境の星ナブーを威嚇包囲し、航路を封鎖。共和国議会元老院との通信をも妨害します。
共和国最高議長は紛争解決のため2人のジェダイの騎士を特使として派遣しますが…。

ネタバレ

※映画内容のネタバレを含みます。これから観ようと思っている方はご注意下さい。

ヌート・ガンレイ率いる通商連合が辺境の惑星ナブーを威嚇包囲するところから物語が始まります。
通商連合は諸惑星に貿易特権を認めさせるべく、武力で圧力をかけてきます。
ナブーの女王は戦争ではなく外交で平和的に解決したいと望み、銀河共和国元老院の仲介を求めますが、通商連合に通信を妨害され孤立していました。

銀河共和国をまとめるコルサントは、密かにジェダイの騎士を特使として派遣しますが、2人のジェダイは話し合いを行う前に攻撃されます。
ナブーへの攻撃に乗じて女王の危機を救ったクワイ=ガンオビ=ワンの2人は、女王を安全にコルサントへ運ぼうとしますが、船が壊れ、砂漠の星タトゥイーンへ不時着します。

船を修理する部品を調達しようとしますが、お金も交換品も持っていない一行は足元を見られて交渉はうまくいきません。

そんな時、パーツ屋で出会った奴隷の少年、アナキン・スカイウォーカーが、危険なポッドレースに出場して賞金を稼ぐと言います。
母であるシミ・スカイウォーカーは最初反対しますが、役に立つことができるなら、と了承してくれます。

卑怯な手段で妨害してくる手練をかわして、見事アナキンは優勝。
アナキン本人の自由も同時に勝ち取ります。

ジェダイになりたいと願うアナキンに対し、母は悲しみながらも「夢が叶うわね」と優しくアナキンを送り出します。
心を決めたアナキンがクワイ=ガン、オビ=ワン、ナブー女王とともにタトゥイーンを飛び立つ際、赤黒顔のダース・モールが迫りますが、間一髪でかわします。

ダース・モール

ジェダイを狙うダース・モール

無事にコルサントへ到着したものの、議会は膠着状態でナブーの危機はすぐには解決される様子がありません。
ナブー選出の議員であるパルパティーンに相談するも、今の議長のままでは通商連合への圧力にはならないと言われてしまいます。
ナブー女王は議会で助力を請いますが、パルパティーンの言葉通り、議会に実行力がないことを知り、議長の不信任決議を提案します。

クワイ=ガンはジェダイ評議会で、ジェダイ同様の力を持つダース・モールのことを報告し、遠い過去に滅びたはずのシスの末裔を疑います。
アナキンについては、クワイ=ガンがジェダイの騎士にと強く推しますが、ヨーダはアナキンが成長しすぎていることを理由に却下しようとします。

スポンサーリンク

新議長が決定するまでの間にも民に危険が及んでいると、居ても立ってもいられないナブー女王は、パルパティーンの静止もきかずナブーへ戻ります。

ナブーでは通商連合のヌート・ガンレイ総督が城を占拠し、ドロイド兵を配備しています。
ナブー女王は総督をおさえ連合軍を退かせるには、首都から軍を引き離す必要があると考え、ナブー水中都市のグンガン人に協力を求めます。

グンガンの長、ボス・ナスはナブー人が自分たちを見下してバカにしていると思い込んでおり、女王が協力を求めても聞く耳を持ちませんでした。
しかし、それまで女王の侍女として使えていたパドメが、本当は自らが女王であると身分を明かし、尊敬をもって協力を求める態度を示したことで、協力を約束してくれます。

グンガン軍が首都から連合軍を引き出す陽動作戦を、女王一行はナブーの城へ総督を押さえに向かいます。
クワイ=ガン、オビ=ワン、アナキンは女王一行と一緒に行動しますが、アナキンは敵の只中で戦闘機に隠れ、オートパイロットで連合軍の艦へ向かいます。

アナキンが戦闘機に乗ったことに気付かないまま、クワイ=ガンとオビ=ワンはナブーの城へ入りますが、待ち伏せていたダース・モールの相手をすることに。

女王一行はうまく城へ入り、ドロイド兵をかわしてガンレイを押さえることに成功、
一方のアナキンも敵艦の中心へ入り込み原子炉を破壊して艦の機能を停止、ナブー地上で攻撃をしていたドロイド達も司令塔を失ってストップします。

クワイ=ガンはダース・モールとの戦いで致命傷を受けてしまいます。
辛くもダース・モールを倒したオビ=ワンは、師であるクワイ=ガンの死に際、アナキンをジェダイにと託されます。

ナブーは連合軍の侵攻を退け、グンガン人との和平が結ばれます。
また、ジェダイ評議会では、一度は棚上げとなっていたアナキンについて、オビ・ワンをマスターとして訓練を行うことになります。

この時、ヨーダだけはアナキンの内に暗黒面を見ており、最後まで反対していました。

私的な指摘

すっとぼけたキャラクタがいい
最初にジェダイ2人がナブーに到着した時に、そのへんをふらふらしていたグンガン人のジャージャー・ビンクスを助けます。
この人、ひっぱり伸ばしたカエルみたいな姿をしているのですが、テキトーで陽気。
自分がグンガンを追放されてきたことも忘れてたという…。
政治が!とか、民が!とか戦争が!とか、重い内容の中で、息抜きキャラとして個人的にかなり好きでした。

アナキンがかわいい!
フォースの力はずば抜けてるし、手先は器用で子供ながらに機械修理なんかも出来てしまうスゴイ子なんですが、とにかくかわいい。
コルサントへ行けることが決まって母と別れるシーンはもう、切なくてじんわりきます。
これが、2になるとあんなに生意気に…。

アミダラ女王の髪型に注目
登場当初から、なんか髪型や化粧が奇抜だなぁと思ったのですが、なんというか民族的?
最初に議会に出席した際の髪型・衣装はモンゴルの伝統衣装をモデルにしているそうです。
他にも髪を大きく結い上げる髪型をしていますが、日本髪のような髪型もありました。
ナブーの正装なんでしょうかね?

3部作だから…
プロローグ感はどうしてもあって、今回は世界観を展開してみました、本編は2からね、という感じでした。
今、7で盛り上がっていることと、レンタルショップがHDリマスター版を仕入れてるようなのとで、レンタル料あがってるんですよね~。
イッキ観が可能なら、3まで続けて観るといいと思います。

おまけ

スターウォーズの2/クローンの攻撃と3/シスの復讐の間に、外伝シリーズがはさまっています。
クローン・ウォーズ。スピンオフ作品ですね。
エピソード2と3の間の3年間に起こったクローン大戦中の出来事を描いた3Dアニメ作品で、1話20分程度、1シーズン22話で、6シーズン目の途中まで公開されているようです。

クローン・ウォーズ

ヨーダが大活躍!

未公開のエピソードについてはコミックや小説で紹介されているようですが、とにかくしっかりとした世界観で描かれているシリーズなので、いくらでも深掘りしてスピンオフが出来そうですよね。

ファンは嬉しいやら辛いやら…ですが(^□^;)

関連記事

スターウォーズ、映画館で買えるグッズの種類は?上映期間はいつまで?
スターウォーズ前作までを見てない人の為のキャラクター相関図まとめ

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, , , , , ,