物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

映画「世界から猫が消えたなら」キャストとあらすじ、感想や評判は?主題歌にも注目

      2016/09/09

今年一番泣ける映画「世界から猫が消えたなら」は5月公開予定です。
公開前に原作のあらすじとキャストをチェックしました。

映画キャスト

僕・悪魔=佐藤健

佐藤健

出典:日本タレント名鑑

主人公の「僕」と、僕そっくりな悪魔の2役。
映画が好き、30歳にしては音楽や映画の好みがしぶい。
猫のキャベツと二人暮らし。

初恋の人=宮崎あおい

宮崎あおい

出典:日本タレント名鑑

「僕」の初恋の人であり、初めての彼女。
地元の映画館で働いている。

ツタヤ=濱田岳

濱田岳

出典:スターダストプロモーション

中学時代からの「僕」の親友。
映画オタクなのであだ名がツタヤ。
老舗のレンタルビデオ店(TSUTAYAではない)で働いている。

父=奥田瑛二

奥田瑛二

出典:日本タレント名鑑

時計店を営む「僕」の父。
母が亡くなって以来、僕とは別居中。
キャベツの名付け親。

母=原田美枝子

原田美枝子

出典:日本タレント名鑑

家事の得意な優しい母。
猫のレタスとキャベツを拾ってきた。
4年前に腫瘍で亡くなった。

主題歌

映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌は、HARUHIさんの歌う「ひずみ」です。

あなたがここから消えてしまったとしてもね
気配や涙がそれを教えている

歌い出しから泣きそうな歌詞です。
切なく優しく、ノスタルジックな曲でありながら、HARUHIさんのビブラートのきいた声が強く迫ってきます。

予告映像を見て以来、ショッピングセンターとかでこの曲が流れると泣きそうになって困ってます!

HARUHIってどんな歌手?

1999年2月、ロサンゼルス生まれの17歳です。

12歳の頃に学校で、ミュージカルの主役に抜擢されたことをきっかけに歌手を目指すようになりました。
13歳の頃にはすでに楽曲をつくっていたといいます。

デビューは2016年5月ですが、HARUHIさんの公式サイトに掲載されていた川村元気さんのコメントによると、既に3年前にはHARUHIさんの楽曲を聴く機会があったようです。
もうその頃にはデビューが約束されていたのかもしれませんね?

シングルCD「ひずみ」のカップリング曲である「あたたかい光」は「やれば出来る子YDK」の明光義塾のCM曲になっています。

公式ツイッターでは学生らしいツイートも…?
両立は大変ですよね!(>◇<)

スポンサーリンク

原作あらすじ

郵便配達員の「僕」30歳。
愛猫とふたりぐらし。

発熱と頭痛が続き病院に行ったら、脳腫瘍と告げられた。
余命は長くて半年、早ければ一週間。

混乱しながら帰宅したら、目の前に自分とそっくりな悪魔が現れた。
黄色いのアロハシャツ、ショートパンツ、頭にサングラスの妙にノリの軽い悪魔は、僕に「明日死ぬ」と宣告する。

生きたければ取引をしよう、この世から何かを消せば、代わりに1日寿命を延ばしてやる

悪魔のその言葉にのった僕。
消すものは悪魔が決める。しかもかなり適当に。

電話が消え、映画が消え、時計が消え…
何かが消えるたびに、自分と繋がりのあった人の記憶も変わっていく。

3日目、悪魔が猫に魔法をかけ、飼い猫が喋るようになる。
喋る猫と思い出を辿る僕。

その存在の温かさと大切さに気付いた僕に、悪魔は「猫を消しましょう」と言う。

消さなければ明日死ぬ。

僕は大切なことに気付き、決断する。

■「世界から猫が消えたなら」公開日、上映期間と前売り券情報

感想と評判

※劇場公開後に追記する予定です!

試写会に行かれた方の感想はこちらでもご紹介しています。

大切な人と一緒に観たい映画ですね。
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, , , , , , , ,