物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

映画「世界から猫が消えたなら」原作紹介、あらすじと感想・評価。興行収入は?

      2017/01/10

今年一番泣ける映画「世界から猫が消えたなら」が、もうすぐ公開されます。
あらすじや公開日の情報をまとめました。

作品について

「世界から猫が消えたなら」は、映画プロデューサーである川村元気さんの初の小説作品です。

監督は「小説を書くなら、映像にできないことを書こう」という気持ちからこの小説作品を書いたと言います。
そんな作品が映画化されるということで、最初は「無理なんじゃないか」とも思ったそうです。

しかし、ご自身が映像プロデューサーとして活動される中で、映画クリエイターの新たな解釈で小説作品が面白いものに生まれ変わることも経験されていたということで、今作のプロデューサー・春名慶さんにお願いする運びとなりました。
※TSUTAYA CLUBマガジンより

物語は、川村さん自身の言葉をお借りすると「地上から5センチ浮いたようなファンタジー感」のある作品です。

悪性の脳腫瘍で余命わずかな主人公の前に悪魔が現れ、主人公の世界の何かを1つ消すと、引換えに1日余命を伸ばしてくれると言います。
主人公は生きるために世界のものを1つずつ消していきます。
ファンタジー設定かつ、人生と命を見つめるヒューマンストーリーです。

「2016年、最も泣ける感動映画」というコピーにふさわしい映画の予感、佐藤健さんの涙、宮崎あおいさんの涙、たくさんの涙と静かな情感が、予告の短い映像からも伝わってきます。
ワタクシは予告編を観ただけで涙腺がやばいことに…。

原作に興味アリ!

原作は2013年の本屋大賞にもノミネートされ、累計販売部数は90万部を超えています。

こちらから原作の1章を無料で読むことができます。

スポンサーリンク

スピンオフ作品も

作中に登場する主人公の飼い猫「キャベツ」の視点で見た、もう一つの物語が登場が、5月7日に発売されます。

「世界からボクが消えたなら」の予約・販売はこちら

原案は原作者の川村元気さん、文章は数々の映画ノベライズを手がけてこられている涌井学さんです。

上映期間

映画「世界から猫が消えたなら」は2016年5月14日(土)に公開され、7月上旬~半ば頃まで公開されました。
※上映期間は劇場により異なります。

興行収入

映画「世界から猫が消えたなら」の興行収入は、およそ 12億3000万円 でした。

評価は?

映画館で観た方の感想や評価をチェックしてみました。

  • 感動的。
  • 切ない。
  • 猫好き向けの映画というわけではない。
  • かけがえのないものに気付ける。
  • 人のつながりをもう少し描いてほしかった。
  • 原作とは別物として観たほうがいい。

全体としては、ふつう~良いという評価が多かったようです。
悪魔という存在を登場させ軽妙に描いているかと思ったら…実はけっこう感動する映画といった雰囲気ですね。

泣きたい、温かい気持ちになりたいときにオススメです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, , , ,