物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

ドラマ火の粉第4話ネタバレ感想。佐藤隆太が犯人?酒井若菜が抜歯して銀歯に!?

      2016/09/09

いよいよ中盤、ここまでサイコな犯罪者・武内の思うままにことが進んでいます。
個人的にはちょっとくらい武内にも痛い目を見てもらえないかしら、と思っているのですが、なかなかそうは行かないようですね。

あらすじ

子供の頃に虐待を受けていたという過去を暴かれ、娘のまどか(庄野凛)に虐待を加えたという疑いをかけられ、家を追い出された雪見(優香)。

親友の琴音(木南晴夏)のもとに身を寄せるが、琴音は武内(ユースケ・サンタマリア)に心惹かれるようになっていた。

雪見は、的場一家殺害事件の遺族・池本(佐藤隆太)しか相談相手がいなかった。

池本は武内の仕業だと断言し、梶間家の墓地に無断で置かれた地蔵の発注者が武内であることを突き止める。

一方、勲(伊武雅刀)は雪見に、家に戻ってくるよう声をかけてくる。
しかし勲は雪見への疑いを消したわけではなかった。

優香 伊武雅刀

出典:東海テレビ

尋恵(朝加真由美)と俊郎(大倉孝二)に謝って、家に帰らせてほしいと頭を下げるよう言われた雪見は反発する。

雪見は勲に、武内と意識して距離をとっている、本当は武内のことを疑っているのではないかと言う。
勲は弁解するが、心中穏やかでは無い。

勲からも疑われていると知って落ち込む雪見に池本から連絡があった。
自らの潔白を証明したい雪見は、武内が雪見を陥れた証拠を掴んだという池本とともに梶間家へ乗り込んだ。

最新話無料!
公式サイトトップページの最下部で視聴できます。

ネタバレ

雪見と池本が話をしに来た時、勲は不在だった。
自分が武内を疑っていることを家族の前で暴露されることを恐れ、時間を潰していた。

雪見はこれまでの不自然なこと、池本がつきとめたという地蔵の出所を尋恵と俊郎に話すが、俊郎は、武内本人のいないところでそんな話をするのは卑怯だと言い、武内を連れてくる。

武内は地蔵の発注をして罪を着せようとしたのは池本の方だと言い、発注書に書かれた電話番号に電話をかけてみせる。
鳴り出したのは池本の携帯だった。

しかも武内は、的場一家殺害事件の犯人は池本だと言い、遺産の事情や時間のトリックなどをもっともらしく披露。
俊郎と尋恵は池本への疑いを深め、雪見は驚くばかり。

優香 庄野凛

出典:東海テレビ

さらに琴音が、最近雪音の仕事場に現れるようになった占い師・杏子(酒井若菜)を連れてくる。
杏子は池本の妻で、占い師を装って雪見に池本を信用させようとしていた。

武内への疑いは晴れ、俊郎は池本とその妻を警察へ突き出そうとするが、武内は「全部僕の推論でしかない」と俊郎を静止する。

味方を全て失い呆然と梶間家に残された雪見は、まどかの泣く声に気づいて庭に飛び出す。
「約束を破ってごめんなさい」と泣きじゃくるまどかを、雪見は「まどかは何も悪くない」と抱きしめる。

まどかを寝かしつけた後、尋恵と俊郎は「武内に謝れ」と厳しい口調で雪見に言う。

自分は疑われたまま、複雑な想いで動けない雪見を見て、武内は「雪見さんは池本に騙されていただけ」と言い、尋恵と俊郎に「雪見さんを許してあげて下さい」と頭を下げる。

優香 ユースケ・サンタマリア

出典:東海テレビ

雪見は自分が殺人まで疑った武内が弁護してくれることに驚き、土下座して謝罪する。

深夜、酔って帰宅した勲に対し雪見は、どうして家にいてくれなかったのかと問いかける。
勲は、忙しかった、これからまた仲良くやっていこう、とだけ言って部屋に戻ってしまう。

1人自宅に戻った武内は、母親宛のビデオレターに
「雪見さんは追放したままにしようかと思ったが、まどかちゃんには母親が必要だったようだし、代わりになる適当な人もいないので戻すことにした」
「害虫はもうやってこない」
と録画。

後日、池本が行方不明になった。

スポンサーリンク

視聴率と感想

第4話の視聴率は4.2%でした。
前回から武内の不穏な動きがじりじりと表に出てきて、先の展開が気になります。

そして今回はかなり胸糞悪い展開になりました。
雪見は武内に大きな借りを作ってしまい、今後、単独で武内を疑ったり真相を暴くような行動を取ることは難しくなるでしょう。
それにしても、先の先を読む武内の周到さ、狡猾さには呆れるばかりですね。

■武内のブラック心理術1
■武内のブラック心理術2

そして、そういう人間を相手にしてるってわかってるんだから、池本ももうちょっと注意したらって思うんですが、武内に脅迫の手紙を出したり、証拠を押さえないまま特攻したり。

池本はただただ家族の無念を晴らしたいという執念で動いているだけで、ジャーナリストでも探偵でもないので仕方ないといえば仕方ないのかな…。

ドラマの最初から、武内がビデオレターで告白しているので、武内が実行犯なのは間違いないのですが、最初からチョロかった尋恵や俊郎だけでなく、とうとう雪見まで支配下におさめてしまいました。

梶間家は的場家のように惨殺されてしまうのでしょうか。
すっかり武内の手中にある琴音やリクはどうなってしまうのでしょうか。
あーー続きが気になる!

注目ポイント

酒井若菜さんの執念!

今回登場した池本の妻・杏子を演じた酒井若菜さん、役作りのために前歯を1本抜いて銀歯を入れたんだそうです!
ご自身のブログでの告白で、業界もびっくりの決断。

もともと差し歯だった、とは書かれていますが、前歯に銀歯ってかなり目立ちますよ!?
武内を追い詰めることに執念を燃やし続ける池本と、寄り添う妻。
二人共、かなり精神的にヤバい状態、という様子がよく伝わりました。

占い師見習いを装っている時は、普通っぽかったですけどね。

凛ちゃんの泣き演技

庄野凛ちゃん演じる雪見の娘・まどかが、ママを求めて泣くシーンが真に迫ってて、思わずもらい泣き…。

まどかは嘘もついていないし、何も悪いことはしていないのですが。
「ママの言うこと聞くから、いなくならないで」
泣きながらこのセリフ。
もう、ママ平謝りでございます。

だいたい合ってた

池本の読みはだいたい合ってました。

まどかが急に寝付かなくなったのは強壮剤のようなものをジュースに入れたから
⇒オオスズメバチのハチミツ漬けを入れてました。

雪見の日記を実家から盗んだ
⇒今武内の手元にあります。

池本の甘い点は、証拠品を掴まずに手の内を明かしてしまうところですが、お金があって頭もよく、しかも犯罪行為を屁とも思わない武内を向こうに回して、普通の人は太刀打ちできまいと思われます。

アレッ?

池本と雪見を窮地に立たせるべく反撃した武内の口から「雪見さんが元カレにメールをしたのも」って。

俊郎がそんなことまでバラしてたの?
なんでそんなことまで知ってんの?ってちょっと突っ込みたくなりました。

前回、川野直輝さん演じる雪見の元カレ・中野へ送ったメールは、武内のなりすましですよね。
武内を警戒している雪見の携帯をどうやって操作したのか、正確にはわからないのですが…。
武内のことですから、梶間家に忍び込んで雪見の携帯を勝手に使い、また元に戻すくらいのことは簡単にやってそうですよね。

15分の時間差

過去の的場一家殺人事件のことについて、時間のトリックまで細かく覚えている武内。

池本の妻が異常な物音を聞いた時間は5時30分、武内の記憶では犯行時間は5時45分。
この15分が武内の記憶通りなら、池本にも犯行が可能だったと話しました。

また、池本と殺された妹は遺産相続で利害関係があったともっともらしいことも言ってました。
自分に仇なす者には容赦しないという態度ですね。

関連記事
火の粉キャスト・あらすじ・各話ネタバレまとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆ドラマ◆ , , , , ,