物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

ドラマ重版出来第1話ネタバレ!登場作描く漫画家は?セクシー最上もが、主題歌も注目

      2016/09/09

いよいよ始まりました。黒木華さん主演のパワフルお仕事ドラマ「重版出来!」。
熱くて純粋で元気いっぱいの黒沢心の編集者道をご一緒に楽しみましょう~。

■キャスト一覧はこちらでチェック

あらすじ

柔道一直線で全日本代表選手だった黒沢心(黒木華)は、膝の怪我で選手生命を断たれ、就職活動中だった。

20社以上も受けて全て落ちた後、面接に臨んだ興都館(こうとかん)で、心は突然乱入してきた清掃夫に一本背負い。
決めた相手は興都館の社長・久慈勝(高田純次)だった。

落ち込む心だったが、社長は中心のブレない心の姿勢(気の持ち方ではなく、体の使い方)が気に入って採用を決定。

研修を終えた心は、漫画雑誌「週刊バイブス」の編集部に配属された。
大好きな漫画と尊敬する漫画家に関わる仕事とあって、熱血+大張り切りで仕事に取り組む心。
刷り上がったばかりの新しい名刺を持って副編集長の五百旗頭(オダギリジョー)とともに打ち合わせに向かう。

出典:TBS

出典:TBS

初めての打ち合わせで訪れた大御所漫画家・三蔵山龍(小日向文世)の仕事ぶりを見て感動する心だったが、三蔵山のアシスタント・神原は長い下積み生活にイラついていた。

おおらかに受け止め、育てようとする三蔵山の気持ちは通じず、ネット上に流れる三蔵山への批判・中傷をFAXで送るという嫌がらせをする。

自分の絵が乱れていたこと、漫画を通して伝えたかったことが伝えられていなかったことにショックを受けた三蔵山は、バイブス編集部へ「入稿済みの原稿を回収し、筆を折る」と連絡してきた。

ネタバレ

ネット上の批判は容赦なく、中でも「オワコン」「デッサン狂ってる」という言葉は三蔵山にとって大きなショックだった。

デッサンが狂っていることに気付かなかった、何より、人間は尊く美しく、優しさこそが強さであると伝えたくて描き続けてきたのに、アシスタントとして10年も一緒にいた神原にさえ伝わっていなかった、と精気が抜けたように背中を丸める三蔵山。

30年以上休まず続いた三蔵山作品の休載に、編集部には問い合わせが殺到。

五百旗頭は「匿名掲示板で指摘される前に三蔵山にデッサンの狂いを指摘できれば、こんなことにならなかったのでは」と悔やみながらも、「40年も書き続けてきた作家に何を言えただろうか」と悩む。

出典:TBS

出典:TBS

心は、新人研修中に世話になった書店員の河(濱田マリ)を訪ね、三蔵山のことを相談する。
河は三蔵山の作品について、デッサンは狂っているし、若い層は絵で購入するため、単行本の売れ行きは落ちているとしながらも、作品は面白いし筆を折るのはもったいないと言う。

そんな河が作った仏像本の特集コーナーの素晴らしさを指摘した心。
河の解説で、仏像が「下から見上げるためにわざとデッサンを狂わせて作ってある」と知った心は、三蔵山の絵が、角度を変えて見ると整って見えることに気付く。

柔道仲間の沙羅(武田梨奈)との会話もヒントになり、三蔵山が加齢で筋力が落ち、姿勢が悪くなったために、絵を描く時の角度が変わってしまったことが分かる。

出典:TBS

出典:TBS

五百旗頭は三蔵山のもとを訪れ、「先生の力に頼り、苦しい時に相談もしてもらえない存在になっていた」と謝る。
最初から編集者に頼ろうとは思っていないと言う三蔵山の、「漫画を辞める」という言葉を遮って、心は「先生の絵、デッサン狂ってません!」と切り出す。

昔とは姿勢が違っていることを指摘し、使う道具や机を変えることで今も整った絵が描けると指摘。
更に、三蔵山が育て、先生と呼ばれるようになった若手作家たちが現れ、手伝わせてほしい、作品の続きを読みたいと頭を下げる。

想いを受け継ぐ弟子たちの熱い気持ちに触れ、再び筆を取った三蔵山。
そして神原は、復活した三蔵山の作品を手に、かなわないという表情でため息をついた。

スポンサーリンク

私的注目ポイント

柔道名言

心が面接時から繰り返している「自他共栄」「精力善用」とは、講道館柔道の創始者・嘉納治五郎が指針として掲げた言葉。

嘉納治五郎

出典:Wikipedia

精力善用とは、自身の力を最大限に使って善い行いをすること。
自他共栄とは、他者を敬い感謝すること。

互いに信頼を育めば助け合って生きていけるという意味。
清々しいほどに武道精神を純粋に突っ走る心さんが眩しい!

黒沢心のクセ

出典:TBS

出典:TBS

心さんはニオイを嗅ぐのがクセみたいですね。
心さんが嗅いでたニオイを追ってみました。

編集部のニオイは柔道部の部室のニオイらしいです。
印刷したての名刺のニオイは格別だったようですね。
三蔵山のアシスタントたちの作業部屋はインク・墨汁のニオイ。
刷り上がったばかりの本も素敵なニオイのようです。

登場する漫画作品
ドラマの中とはいえ、登場している漫画作品がどれも魅力的なんです。
そのページだけ、間に合わせに作っているとも思えない…と思ってたら、現役の漫画家さんが作画されていました!
しかも、ドラマのためにオリジナルの漫画を描いているんだそうです!

ドラマ中の作品を描いている漫画家さんは以下の方々。

河合克敏(「とめはねっ!」他)
村上たかし(「星守る犬」他)
のりつけ雅春(「アフロ田中」他)
田中モトユキ(「最強!都立あおい坂高校野球部」他)
ゆうきまさみ(「機動警察パトレイバー」他)
白川蟻ん(「かわれて候。」)
藤子不二雄A(「怪物くん」他)

こうして見てみると本当にすごい方々が協力してくださってるんですね!
今回、大御所・三蔵山龍の作品を描いていたのはゆうきまさみさんかなっと思うのですが…どうでしょう!?

出典:TBS

出典:TBS

セクシー最上もがさん

最上もが

出典:TBS

最上もがさんが演じるのは、元読者モデル、漫画家・高畑一寸(滝藤賢一)の恋人の梨音(りんね)です。

編集者たちが来ている打ち合わせの場に、こーんな姿で現れます。
それを見た心さんがドキドキ&ポヤ~ンとしているところが可愛かったです。

主題歌は?

エンディングで流れる主題歌は、ユニコーンの「エコー」です。
ユニコーン懐かしい!昔よく聴いてました!

「エコー」は奥田民生さんがドラマのために作詞・作曲を手がけた新曲
発売日は未定です。

「久々のユニコーンなのでまじめに作りました」という奥田民生さんのコメントがすごく奥田民生さんらしいです。

重版出来!キャラ診断

重版出来!のキャラ診断特設ページができました!
6つの質問に答えてキャラ診断してみましょう。
特設ページはこちら

ちなみにワタクシは、大御所・三倉山先生のチーフアシスタントの沼田渡(ムロツヨシ)でした!

関連記事
■ネタバレ・あらすじまとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆ドラマ◆ , , , ,