物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

ズートピアのあらすじネタバレ!隠れミッキーの答え【画像あり】

      2016/09/26

またまたディズニーの遊び心いっぱいの映画ズートピア。
劇場配布のチラシに「隠れミッキー」がいるという噂を聞いて、探しました!
映画本編のあらすじもご紹介します。
映画の中の隠れミッキー情報追加しました!

隠れミッキーを探せ!

※ズートピアの隠れミッキーの答えを画像つきで紹介します。自分で見つけたい!という方は【目次】から「あらすじ」へ飛んで下さいね。

ディズニーランドのお楽しみ「隠れミッキー探し」が映画チラシでもできるなんて!
チラシ1枚にも遊び心がきいていて嬉しいですね。

隠れミッキーって?

隠れミッキー、またの呼び名をヒドゥンミッキー。
ディズニーのパーク内のあちこちには、ミッキーのシルエットやミッキーマーク(画像)が隠れているのです。
ミッキーマーク

「言われてみれば、そうも見えるね」程度のものから、横顔、全身シルエットなど、その隠れ具合も様々です。
ゲストが思い込んでいるだけじゃなくて、ちゃんと公式が「作って」いるようです。

どのチラシに隠れてる?

映画館で配布されている告知チラシです。

ズートピア

出典:disney.co.jp

この画像では見つけられないくらい小さいので、ぜひ劇場でチラシをもらってきて探してみて下さい。

映画の中にも隠れミッキーが

ヒント
・チラシの隠れミッキーはかなり小さいです。
・チラシの表、真ん中あたりにあります。
・キャラクターの持ち物に注目して下さい。
・映画の中の隠れミッキーはキャラクターの毛皮に隠れています。
・ズートピア警察署の入口にいますよ。

隠れミッキーの答え

では答え画像です。

チラシの隠れミッキー

チラシはかなり拡大していますので荒いです。
zoo01

人参柄の中に、1つだけ太った人参。しかもミッキーマークっていう。
なかなかおしゃれですね!
ジュディはこれ、知ってるんでしょうかね?

映画の中の隠れミッキー

クロウハウザー

出典:Disney.co.jp

初出勤で緊張しているジュディを明るく迎えてくれたチーターのクロウハウザー。
そのお顔の、向かって左側の模様にご注目。
斑点が1つ、ミッキー型になってるのです。

映画を見ている最中に見つけた人はスゴイ目をしてますね!

スポンサーリンク

あらすじ

すでに公開されている地域ではかなり話題になっているズートピアですが、どんな物語なのか?
あらすじを見てみましょう。

肉食動物と草食動物が仲良く暮らす、文明の発達したズートピアは、誰もが夢を叶えられる「誰でも何にでもなれる」”楽園”と言われていました。

田舎育ちのウサギのジュディは「ウサギはニンジンを育てるニンジン農家になる」という常識を覆して、屈強な大型動物たちに混ざって警察官になろうと頑張ります。

警察学校をトップの成績で卒業したジュディは憧れのズートピア警察署へ。
ところが警察署長のボゴは小さくて可愛いウサギの警察官を認めようとしません。

折しもズートピアでは、肉食動物ばかりが何人も行方不明になる事件が起こっていました。
同僚たちが捜査に向かう中、ジュディに与えられたのは駐車違反の取締。

取締中に街中で起こった泥棒イタチを捕まえたことで、任務以外のことをしたと厳しく怒られるジュディ。
そこに、行方不明事件の被害者の妻であるカワウソのオッタートン夫人がやってきます。
夫を探して欲しいと警察署に通いつめている夫人に、ジュディは「私が探します」と宣言。

副市長の羊・ベルウェザーの後押しもあって、ジュディはオッタートン氏の捜索を許されますが、期限は48時間。
しかも失敗したら警官を辞めるという条件つきでした。

街に不慣れなジュディは駐車違反の取締中に出会った詐欺師のニックの弱みを握り、協力させることに成功。

情報通のニックのおかげで、オッタートン氏の痕跡が残るリムジンを発見したジュディでしたが、そのリムジンは街の闇のボス・ミスタービッグの持ち物でした。

ミスタービッグに捕まり氷漬けにされようというとき、ジュディが命を救った女の子がミスタービッグの娘だったことが判明。
ミスタービッグはオッタートン氏を乗せたリムジンの運転手・マンチャスの家を教えてくれます。

二人がマンチャスを訪ねると、マンチャスは「夜の遠吠え」という謎の言葉を口にします。
詳しく話を聞こうとしますが、突然マンチャスが凶暴化して二人に襲いかかってきます。

命からがら逃れた二人は、「夜の遠吠え」という言葉を手がかりに、シンリンオオカミが警備する廃病院へ向かいます。
そこには失踪した動物たちが閉じ込められていて、しかも全員が理性を失い凶暴化していました。

オッタートン氏を見つけて連れ帰ろうとする二人の前に現れたのは、ズートピア市長のライオンハートでした。

本編ネタバレ

ニック ジュディ フラッシュ

出典:disney.co.jp

ライオンハート市長が失踪者の監禁を行っている証拠を動画におさめたジュディは警察署へ連絡し、ライオンハート市長は逮捕されます。

しかし、動物たちが凶暴化した原因は不明のまま。
凶暴化した動物の共通点が「肉食動物」であり、生物学的な問題―つまりは野生の本能が目覚めたせいではとジュディが発言したことで、ズートピアの肉食動物は追い詰められていきます。

新市長に就任したベルウェザーはジュディに警察署の顔になってほしいと依頼してきますが、「世界をより良くするため」に警察官になったのに、ズートピアの人々をバラバラにしてしまった、と責任を感じるジュディは警察官を辞め、田舎へ帰ります。

夢に破れ、ぼんやりと人参を売る毎日を送っていたジュディでしたが、子どもの頃いじめっこだった幼馴染のキツネが立派なパティシエになっていることを知ります。
幼馴染と仲直りしたジュディは、彼が父の畑で育てている花を「夜の遠吠え」と呼んでいるのに気づきます。
父は、過去にその花を誤って食べたウサギが凶暴化したことを話してくれます。

ズートピアの事件にこの花が関わっていると気付いたジュディは街に戻り、ニックに謝り事情を説明します。
ニックはジュディを許し、再び一緒に捜査をしてくれることに。

ジュディはイタチのウィーゼルトンが球根を盗んでいたことを思い出し、取引先を聞き出します。
買い手の羊を追うと、なんと現市長のベルウェザーが黒幕だったことが判明。

ベルウェザーは、草食動物の方が数は断然多いのに、肉食動物に虐げられつまらない仕事ばかりさせられることにうんざりしていたと言い、肉食動物に「夜の遠吠え」の濃縮液を打ち込んでは凶暴化させていたと暴露。

ニックにも「夜の遠吠え」を打ちジュディを殺させようとしますが失敗。

ベルウェザーが逮捕され、「夜の遠吠え」の研究が進んだことで、凶暴化していた動物たちも理性を取り戻し、ようやくズートピアに平和が戻ります。

感想

ニック ジュディ

出典:disney.co.jp

映画冒頭から、血しぶきならぬケチャップどばーのちょっとショッキングなシーンがあったり、サスペンスタッチの暗い場面では後ろの席のお子様が落ち着きをなくしたりと、やや大人向け?と思われる場面もありました。

ワタクシは一応大人なので、存分に楽しんだわけですが。

今作は動物のサイズや動きにもこだわって描かれているというインタビューもありましたが、64種類も登場している動物たちのどれもがみんな魅力的です。

それぞれの特徴を生かした扱いがされていて、例えばゾウやキリンのゆったりとした動き、ネズミやレミングのちょこまかした動き、群れで移動したり、水の中を移動したりといったそれぞれの習性に思わず笑ってしまいました。

ストーリーはもちろん面白かったのですが、ズートピアの街は歩いてみたくなるほど作りこまれていて、もっと細かくいろいろ見てみたい!と思うほど。
というか、本当に劇場公開中にリピートしたい。

女性ファンが増えているというキツネのニックは、冷めているように見えて行動力があり、傷ついたジュディをそっと慰めたり、傷つけられたことをあっさり許したりと、ハートも素敵な男性です。
キツネやオオカミは昔から物語の中で悪役、ずるい役をやらされていますが、この映画を見ればキツネのファンになること間違いなし。

謎の花の正体は?

イヌサフラン

Wikipediaより

※2016年9月26日更新※
映画の中の画像を参考にクロッカスかと思って調べていたのですが、匿名のコメントにより「イヌサフラン」という別の花と予想されることがわかりました。

イヌサフラン(Colchicum autumnale)はサフランととてもよく似た花が咲く植物ですが、アヤメ科のサフランとは別モノなのだそうです。

イヌサフランにはコルヒチンという物質が含まれています。
この物質は神経に作用する物質で服用の仕方によっては致死性のある毒物なのだそうです。怖い!
一方で、コルヒチンは痛風による炎症を抑える薬効もあり、薬として使われてもいます。

上記は人間に対しての作用なので、動物が服用するとその量や用法によっては映画の中のように凶暴化したり幻覚を見たりする作用もあるのかもしれませんね。

色はきれいなブルーベリー色で、とても美しい花ですが、性質をよく知っておかないと恐ろしい花です。

※コメントを頂いた方、情報ありがとうございました!

映画「ズートピア」関連記事はこちら!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, , ディズニー/ピクサー , , , ,