物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

有栖川有栖の小説がドラマ原作!火村シリーズ・アリスを生んだ作家の秘密

      2016/09/09

1月スタートの日曜ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が話題になっています。
原作を書いたミステリー作家の有栖川有栖さんは、作家生活30年のベテランです。
魅力的なキャラクター・火村やアリスの誕生の秘密をご紹介します。

有栖川有栖さんてどんな人?

有栖川有栖

ミステリーが好きで、小説家を志し初めて小説を書いたのは小学校5年生の頃。
中学生の時にはミステリー作家の鮎川哲也さんへファンレターを送っていたといいます。

同志社大学の推理小説研究会で活動をされていたことがデビューへのきっかけになりました。
研究会の機関誌に掲載された作品を読んだ鮎川哲也さんが、アンソロジーに入れて下さったのが、活字として出版された初作品になります。

「無人踏切」というアンソロジーの「やけた線路の上の死体」がその作品でした。

無人踏切

出典:Amazon.co.jp

ペンネーム「有栖川有栖」は大学時代から使っていた名前だそうです。
由来は京都御所の中の有栖川宮邸跡でした。
大学の向かいにあったのでピンときたそうです。

デビュー作「月光ゲーム」は大学1年生の時に書いた作品を改変したものだそうですから、デビュー以前から完成度の高い作品を書かれていたんですね。

月光ゲーム

出典:Amazon.co.jp

「月光ゲーム」は大学生の江神二郎という探偵役と、同じく大学生の有栖川有栖のシリーズ第1作になりました。
名探偵と助手、ホームズとワトソンのような関係のコンビでの活躍は現在、長編4作、短編集1作が出版されています。

鉄道ファンで、特に電車に乗るのが好きな「乗り鉄」です。
作品のトリックに使うために時刻表を駆使したり、実際に乗ってみたりすることもあるようですが、純粋に「電車に乗る」のが好き!なのだそうです。

エラリー・クイーンに影響を受けた作風で、エラリー・クイーンの作品名をもじったタイトルの作品も多くあります。

ドラマ原作小説について

ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」の原作小説は、長編・短編集あわせて23冊が出版されています。

ドラマは、短編2作に登場する「ジャングリラ十字軍」を柱にして、いくつかの作品のエピソードを基本1話完結で展開します。
各話の元になった作品は以下です。

第1話 絶叫城殺人事件
(短編集「絶叫城殺人事件」収録)

第2話 異形の客
(短編集「暗い宿」収録)

第3話 助教授の身代金
(短編集「モロッコ水晶の謎」収録)

第4話 ダリの繭
(長編「ダリの繭」)

第5話 ショーウィンドウを砕く
(短編集「怪しい店」収録)

第6話・第7話 朱色の研究
(長編「朱色の研究」)

第8話 アポロンのナイフ
(短編集「菩提樹荘の殺人」収録)

第9話 地下室の処刑
(短編集「白い兎が逃げる」収録)

短編集なら、ドラマの原作になった作品から他の有栖川作品を読むきっかけになりそうですね。

スポンサーリンク

火村と作家アリス、誕生秘話

「名探偵が書きたい!」という思いが先にあったと言います。
単に名探偵なら既に江神二郎がいたのですが、江神二郎は初登場時に大学生であり、作品を重ねるごとに年を取っているのです。

いつまでも書ける名探偵を生み出したい、そこから社会人の火村英生が生まれました。
ちなみに初登場「46番目の密室」の時32歳、現在は34歳。
そこからは不老のキャラクターとなり、永遠の34歳として活躍中です。

火村の原型は、江神二郎のシリーズ3作目「双頭の悪魔」の作中人物「志度晶」なのだそうです。
名前は、江神が「水」のイメージだったので、「火」のイメージでつけられたとか。

窪田正孝 斎藤工

出典:Nippon Television

そして、江神二郎のシリーズ、火村英生のシリーズ両作に登場する作家・有栖川有栖ですが、こちらはペンネームを言葉遊びとしてつけられたそうです。

相棒を作家にしたのは、古典ミステリー・シャーロック・ホームズがヒント。
ミステリー作家なら普通の人が気づかないところに気づいて、読者に解説しても不自然じゃないからだとか。

2つのシリーズに登場する「有栖川有栖」ですが、大学生のアリスと火村のパートナーのアリスは別人です。
ファンの間では「学生アリスシリーズ」「作家アリスシリーズ」として読み分けられています。

今後の作品について

学生アリス=江神二郎のシリーズは、今後、長編1作と短編集1作を出して「卒業」となるそうです。
作家アリス=火村英生は、まだまだ最終回は見えないとのこと。
今後ますますの活躍が期待できそうです。

火村英生ドラマは大詰めに向かっています。
物語の柱になっているジャングリラ十字軍と、心に闇をもつ火村英生、危うい火村をつなぎとめているアリスの今後が気になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆ドラマ◆, ◆本◆ , , , ,