物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

漫勉にボーイズオンザランの花沢健吾が登場!アイアムアヒーローで食人鬼を描く!妻の岡本ジュリーがアシスタント

      2016/09/09

浦沢直樹さんの漫勉シーズン2に、花沢健吾さんが登場!
現在ビッグコミックスピリッツ連載中の「アイアムアヒーロー」は映画化され、4月に公開されます。
締め切りと闘いつつ食人鬼ZQN(ゾキュン)を描く現場を拝見しました。

番組内容

週刊誌の締め切り前の4日間、作業場に定点カメラを設置して作業風景を録画し、漫画家の浦沢直樹さんと花沢健吾さんが、その映像を見ながら対談します。

浦沢さんとの会話から、日常をリアルに描きたい、解ってないのに解っていると嘘をつきたくない、という花沢さんの漫画に向かう真摯な姿勢が見えてきました。

浦沢直樹 花沢健吾

出典:NHK

作業現場では、現在連載中のアイアムアヒーローの原稿の制作風景を拝見できました。
人物の表情や動きにこだわり、いかに読者に共感してもらえるか、リアルに感じてもらえるか、ということを常に真剣に考えていることが伝わってきました。

原稿が出来上がった瞬間が一番落ち込んでしまうという花沢さん。
描きあがった作品を厳しく見る、客観的に見ることができる瞬間でもあるということなんですね。

影響を受けた作品は、ハロルド作石さんの「ゴリラーマン」や新井英樹さんの「宮本から君へ」。
そして浦沢直樹さんの作品にも注目されていました。

「100年残る作品が万が一残れば本当に嬉しい」
花沢健吾さんの言葉に、漫画家の世界の厳しさと素晴らしさを感じました。

花沢健吾

出典:NHK

作業現場では、チーフアシスタントとして花沢さんを支える奥様の岡本ジュリーさんも登場。
リアリティにこだわる花沢さんの意図を汲み、共に作品づくりをしていらっしゃる様子も放送されました。
写真は、ビニール袋ごしに腕を噛むシーンを描くための参考写真の撮影風景です。

注目の技

繊細な線を重ねる
細かな線を描き重ね、丁寧に描きこむ手法で原稿を作成していきます。
線を探りながら描いていると花沢さんは言いますが、迷いながら描いているとは思えない、繊細かつしっかりとしたタッチでコマが仕上がっていきます。

アイアムアヒーロー

出典:NHK

表情は更に細かく
安易な独白でキャラクターの感情を表現したくないという花沢さんは、表情の描き込みがとても細かく丁寧です。
輪郭や体の線をGペンで描きますが、眉毛、まつげ、眼球などの細部を丸ペンで丁寧に描き込んでいきます。
そうすることで表情が深くなる、と花沢さんは言います。

髪の毛を描く作業は好き
ペン先0.05mm、ミリペンという黒いサインペンで髪の毛を描いていきます。
本物の髪のように、細かくなびく1本1本の線が人物をよりリアルに浮き上がらせます。

アイアムアヒーロー

出典:NHK

表情の研究
花沢さんは眉間のシワを、眉と眉の中心ではなく左右の眉根の上に描きます。

アイアムアヒーロー

出典:NHK

浦沢さんがそのことを指摘すると、花沢さんは
「(顔の)ホリがしっかりしていないと、ここ(真ん中)にシワはできない」
と説明しました。
私も実際に鏡の前でやってみましたが、眉間にシワを寄せようとすると、確かに両眉の上にシワができました!
すごい観察眼です。
人物をリアルに描くことで、それが崩れゾンビに変わった時のインパクトがより強くなるのですね。

キャラクターは生きている
花沢さんはアイアムアヒーローの主人公・英雄を「モブキャラ」だと言います。
モブキャラとは映画で言うエキストラのようなキャラクターです。
主人公であっても、スポットライトを当てず、あえて主役感を出さないことで、どこにでもいる人物として描き読者に共感してもらえるという意図です。
主人公の英雄の絵は、花沢さん本人の写真を下敷きに描かれています。
「どこにでもいそうな」人物として自分をモデルにするあたり、花沢さんのお人柄がわかりますね(笑)

架空の存在が生きるために
ゾンビ=ZQNが集まって生まれた巨大な怪物の「筋肉」を、人体モデルの筋肉を参考にしながら丁寧に描き直す花沢さん。
作為的な不気味さではなく、自然発生的な不気味さを出すために丁寧に修正を重ねています。

花沢健吾

出典:NHK

一度は仕上がっていたコマの修正に1時間かけて手直しをする真剣さが、作品の迫力を生み出すのですね。

スポンサーリンク

花沢健吾さんの代表作

花沢健吾さんの代表作をご紹介します。

ルサンチマン(2004年~)

ルサンチマン

出典:Amazon.co.jp

太り気味で髪も薄くなってきているサエない30歳男とその友達が、現実世界に絶望し、仮想世界に逃げ込もうとするが、次第に仮想世界が現実を取り込んでいくという物語。
花沢健吾さんのデビュー作。

ボーイズオン・ザ・ラン(2005年~)

ボーイズオンザラン

出典:Amazon.co.jp

どこにでもいそうな平凡な会社員が主人公が、現実以上に厳しい世界で仕事に恋愛にと、あがきながら成長する姿を描く物語。
2010年に実写映画化、2012年にテレビドラマ化された。

アイアムアヒーロー(2009年~)

アイアムアヒーロー

出典:Amazon.co.jp

売れない漫画家である主人公のサエない日常に突然起こる異変。
謎の伝染病によって身近な人々がゾンビと化していく中でのサバイバルを描いた物語。
2016年に実写映画化。4月23日公開予定。
■アイアムアヒーロー映画情報はこちら

次回放送の予習!

次回3月17日(木)は芸術性の高い漫画で文化メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞を2度も受賞されている五十嵐大介さんの制作現場に密着します。
現在連載中のSF漫画作品「ディザインズ」、その美しいカラー原稿にも定評がある漫画家さんの制作現場を拝見できるのは今から楽しみです!

漫勉シーズン2に登場した漫画家さんはこちら

  1. 萩尾望都さん ファン垂涎のペン先に注目!
  2. 花沢健吾さん 食人鬼がリアルすぎる! ←イマココ!
  3. 五十嵐大介さん 普通のボールペンで圧倒的画力!
  4. 古屋兎丸さん 様々な道具と手法が面白い!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, ◆漫画◆, , , , ,