物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

フラジャイルドラマ第8話ネタバレ・感想。恒松祐里がメガネ女子に!長瀬に告白!

      2016/09/09

ドラマフラジャイルも早くも8話目です。
いつも通り「絶対」な岸先生ですが、取り巻く周辺の様子に変化が…。
いつのまにやらしっかり病理診断科の一員になっている宮崎先生に後輩病理医ができるかも!?

今回のあらすじ

宮崎は中熊とともに病理医の勉強会に出席していました。
温泉旅館で開催された勉強会に、無理やり出席させられた岸は辛辣に学生を「指導」しますが、出羽という女子学生は岸に興味を持ちます。

岸と宮崎のいない病理診断科では、森井が1人で仕事をしていました。
女性外科から持ち込まれた検体を調べている最中に、製薬会社の火箱が入室してきます。
森井は部外者が入ってはいけないと慌てて追いだそうとしますが、火箱は岸の椅子に腰掛け、森井の耳元へ口を寄せて「受験勉強頑張って」などと動揺させるようなことを言います。

松井玲奈 野村周平

出典:Fuji Television Network

研修から戻った宮崎と岸の後を追いかけるように、女子学生の出羽が病理診断科へ見習いにやってきます。
岸はいつも通り全く指導する気がありません。

女性外科から届いた検体を鑑定した岸は細木の患者を問題なしとし、柳原の患者を乳がんと診断します。
しかし手術中に組織を取り迅速診断を行った結果、患者はがんではないことが分かりました。

事前に検査した検体と、手術患者の検体が別人のものだと判断した岸は、取り違えた患者が誰かを確定させる為に、女性外科を訪れ、再度検査をさせてほしいと頼みます。
柳原はミスを謝罪もしていないと言って岸を責めます。

前回までに登場していないキャスト
森口瑤子(女性外科・柳原先生)
恒松祐里(医学生・出羽カナ)

★公式サイトで最新話無料公開中!

ネタバレ

女性外科の柳原は病理診断科のミスとして激しく岸を責め、原因追求を促します。

また普段から岸をよく思っていない他の科の医師たちも、カンファレンスに出席した岸にいっそう辛辣な言葉をぶつけます。
岸を快く思っていない副院長の岡崎は、病理診断科を潰す好機とほくそ笑みます。

岸は取り違えた患者を確定させるため女性外科で頭を下げ、普段の岸を知っている柳原もしぶしぶ了承します。
その様子を見ていた宮崎と細木は、居酒屋で中熊を交えて岸のことを話題にします。

森口瑤子

出典:Fuji Television Network

ふとしたことから細木は、検体を取り違えたのは病理診断科ではなく女性外科ではないかと思い当たります。

廃棄物から検査後の空容器を探しだした宮崎は、病理診断科を廃止するという通達をしていた副院長に証拠の容器を提示し、再検査を要請します。

結果、細木の担当していた患者が乳がんであることが判明します。
診断結果を報告した岸に、柳原は「医者にも間違いはある。100%などあり得ない」と、検体を取り違えた若い医者をかばう発言をします。
岸は「医者は決してミスをしてはいけない」と言います。

恒松祐里

出典:Fuji Television Network

岸の発言を聞いた女子学生の出羽は、岸を好きで病理に来たが、岸に「病院と結婚しているようだ」と言い、諦めると告げて出て行ってしまいます。

森井は自分が疑われた時、岸も自分を疑っているのかと戸惑いをぶつけました。
岸は、自分を100%信頼できなかったのなら病理診断に森井はいらないと言います。

森井は病理を辞めて医者になる、と岸に告げました。

スポンサーリンク

私的注目ポ!

出羽カナ役・恒松祐里さんがかわいい

武井咲 恒松祐里

出典:Fuji Television Network

黒縁の大きなメガネをかけた素朴な女子学生を演じた恒松祐里さん。
岸先生の好みを見抜いて、お弁当に大きなオムそばを作ってきたり、体当たりで岸先生に指導をお願いしたりと、元気な女の子を演じていました。
武井咲さん演じる宮崎先生の必死さや病理の大変さを目の当たりにして、曇った表情もなかなかかわいかったです。
今回1回限りの出演じゃもったいないな~!

松井玲奈の火箱直美がワルに!

松井玲奈

出典:Fuji Television Network

和み系女子かと思ったら、火箱の本領発揮です。
無断で病理診断室に入ってきたり、野村周平さん演じる技師の森井くんにグイグイ迫っていったり…。
次回からはいよいよ、ブラック火箱の狙いが判明する予感です。
中熊教授は火箱の「お願い」にどういう返事をするのでしょうか!

森井くんの新たな一歩か

野村周平 長瀬智也

出典:Fuji Television Network

野村周平さん演じる森井くん、第5話で関わった末期がん患者の小早川くん(安田章大さん)との会話が伏線として生きています。
医者になる夢を諦めていなかった自分に気付いた森井くん、独学でずっと勉強を続けているようです。
今回、ラストで岸先生に「病理をやめる、医者になりたい」と伝えました。
次回以降、森井くんの新しい一歩が始まるのでしょうか?
野村周平さんは現在上映中の「ライチ☆光クラブ」で危うい少年を演じています。
こちらの演技もある意味「新しい一歩」かも…。

針生検という検査
今回、乳がん疑いの女性患者2人に対して「針生検」という検査が行われました。
針生検とは、がんの疑いのある患者に対して体の組織の一部を抜き取って検査をするものです。
超音波検査で病変の位置を確認し、ぶっとい針をさしてスポイトのような要領で体内の組織を取ります。
すっごく痛いらしいです!

次回予想

火箱直美が、いつものヘラヘラした女子の顔ではなく、アミノ製薬の営業の顔で中熊教授と話をしていました。
医療関係者に多大な影響を持つ中熊教授に「お願い」があると言っていました。

今回、森井くんに迫った顔と言い、今回の中熊教授と相対した顔と言い、なかなかワルイ顔になってきました。

一方、予告では宮崎先生の幼なじみの男性・松田が壮望会第一総合病院へ入院してきました。
重篤ながんに侵された松田は抗がん剤を探し始めます。

臨床医ではない岸先生や宮崎先生はどう行動するのでしょう?

関連記事
第7話のあらすじ・ネタバレ
フラジャイルまとめ

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆ドラマ◆ , , ,