物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

アリス・イン・ワンダーランド前作をチェック!ネタバレあらすじと感想

      2016/09/09

7月1日、日本公開予定の「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」をより楽しむために、前作「アリス・イン・ワンダーランド」のあらすじを復習してみました。
※映画「アリス・イン・ワンダーランド」本編のネタバレを含みます。これから観ようと思っている方はご注意下さい。

関連記事
アリス・イン・ワンダーランド2、キャストと監督
アリス・イン・ワンダーランド2 日本公開日・予告動画

映画データ

タイトル:アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド

出典:Disney

脚本:ジョー・ロス/リンダ・ウルヴァートン
監督:ティム・バートン
出演:
ミア:ワシコウスカ
ジョニー・デップ
ヘレナ・ボナム・カーター
アン・ハサウェイ
クリスピン・グローバー
マット・ルーカス

~声の出演~
マイケル・シーン
スティーブン・フライ
アラン・リックマン
バーバラ・ウィンザー

あらすじ

マッドハッター アリス

出典:Disney

19歳のアリス・キングスレーは母に請われてとあるパーティーに出席していました。
それは亡くなった父の会社を買い取ったアスコット卿の息子・ヘイミッシュとの婚約パーティーでした。
そうとは知らされずに会場に来たアリスは自分の姉やアスコット夫人から、それとなく結婚をほのめかされます。
不穏な空気を感じていたアリスでしたが、ヘイミッシュと並び婚約を発表されると、戸惑いのあまり会場から逃げ出します。

会場で見つけた「服を着たウサギ」を追いかけてウサギ穴に落ちたアリスは、小部屋に置かれた「小さくなる薬」と「大きくなるケーキ」を食べて扉を開けます。
そこに広がるのは見たこともない不思議な生き物や植物があふれる「アンダーランド」でした。
アリスはそれを自分の見ている夢だと思います。

チェシャ猫

出典:Disney

そこで出会った白ウサギや双子やヤマネは、「あのアリス?」と聞いてきます。
アリスはかつてそこを訪れたことがあったのですが、すっかり忘れていてわけがわかりません。
賢者のイモムシ・アブソレムのところで絵暦を見せられ、アリスは怖ろしい怪物ジャバウォッキーと闘うことになっていると言われます。

恐れをなしたアリスは「私はそのアリスじゃない」と逃げようとしますが、白ウサギやドードー鳥たち、アリスの仲間がアンダーランドを支配する赤の女王の手先にさらわれてしまいます。
途方に暮れているアリスのもとにチェシャ猫が現れ、マッドハッターのもとへ案内してくれます。

アリス・イン・ワンダーランド

出典:Disney

マッドハッターはアリスに、アンダーランドが赤の女王に支配されることになった出来事を説明し、アリスを助けて白の女王のところまで行こうとしますが、その途中でハートのジャックに見つかり、マッドハッターはアリスを助けて捕まってしまいます。

赤の女王に家族を囚われ、アリス捜索に駆りだされていた犬のベイヤードは、アリスを白の女王のもとへ連れて行こうとしますが、アリスはマッドハッターを助け出すと言い、赤の女王の白へ向かいます。

ネタバレ

ハートのジャックの追跡を逃れるため「小さくなる薬」を飲んでとても小さくなっていたアリスは、ハートの女王がクリケットをしている庭で白ウサギに出会います。
白ウサギから「大きくなるケーキ」をもらってたくさん食べたアリスは、もとの大きさよりも大きくなります。

赤の女王は頭が膨らんでいるので、大きなものが好きです。
アリスは赤の女王に気に入られ、「アム」と名乗って城へ入り込みます。

赤の女王の城はその怖ろしい支配に満ちていました。
少しでも女王の機嫌を損ねたものは即、首をはねられます。
アリスはヴォーパルの剣を探し出し、マッドハッターを助けて脱出しようとします。

ヴォーパルの剣はジャバウォッキーを倒せる唯一の武器でした。
その剣を守る怖ろしい獣・バンダースナッチはアリスを捕らえようとしていましたが、本当は白の女王の味方であることがわかります。

アリス 白の女王

出典:Disney

アリスは剣を取り戻し、バンダースナッチに乗ってベイヤードとともに城を脱出しますが、囚われたままのマッドハッターとヤマネのマリアムキンは首をはねられそうになります。
チェシャ猫が身代わりとなって処刑場から逃れますが、怒った赤の女王はジャバウォッキーを解き放ちます。

白の女王の城へ集合した仲間は「赤の女王を倒せ」の号令のもと、ジャバウォッキーを率いる赤の女王と闘う準備をします。
アリスは自分が鎧をまとって剣をとることを躊躇っていましたが、生まれ変わるのだ、というアブソレムの言葉で闘う決心をします。
アブソレムは、剣が勝手に闘ってくれるのだという謎めいた言葉を残して蛹になってしまいます。

赤の女王との闘いを予言された「フラブジャスの日」、アリスは対峙したジャバウォッキーから宿命の敵、と呼ばれます。それはアリスのことではなくヴォーパルの剣のことでした。

アリスは見事、絵暦の通りジャバウォッキーを倒し、白の女王は王冠を取り戻します。
アンダーランドから戻ったアリスは、ヘイミッシュに「結婚はできない」と告げ、アスコット卿に「事業の話をしましょう」と持ちかけます。

自分の人生の選択は自分で決めることにしたアリスは、海外へ貿易に向かう船に乗り込みます。
出航のとき、美しい蝶に生まれ変わったアブソレムを見つけました。

スポンサーリンク

私的な指摘

掛け言葉はわからない!
原作「不思議の国のアリス」でも映画でも、掛け言葉、言葉遊びがたくさん出てくるのですが、英語なので、なにがどう面白いのかよく分からないのが残念です!
説明されて「なるほど~」じゃなくて、観ながら笑える英語力が欲しい!

ん?アンダーランド?
あらすじとネタバレの解説で私が「ワンダーランド(不思議の国)」ではなく「アンダーランド(地下の国)」と書いているのに気付かれたと思います。
映画の中で、アリスが落ちていった世界は「アンダーランド」でした。
かつて、ヘンテコなその国を訪れた小さなアリスは、その国を「ワンダーランド」と呼んでいた、という回想シーンがあるのです。
なので、敢えて「アンダーランド」と表記しました。

縮み薬のレシピ
白の女王が作っていた、小さくなる薬のレシピです。

  • 温めた油を少々
  • アブのオシッコ
  • バター付の指(バターフィンガー)
  • 死人が遺したコイン
  • ”希望的観測”
  • 白の女王の唾

分量はどれもすごい適当でしたが、希望的観測だけはティースプーン2杯。
最初にアリスが瓶の中の縮み薬を飲んだ時むせてましたけど、材料がこれでは、むせそうです。かなり。

「不思議の国のアリス」原作が好きな人に訊いてみても、この雰囲気と世界観は納得なようです。
この世界観を引き継いだ「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の公開が待ち遠しい!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, , ディズニー/ピクサー , , ,