物語を追いかけて

映画、ドラマ、小説のストーリー、感想、小ネタを紹介します。

*

アリス・イン・ワンダーランド2、気になるキャストは?監督変わる?

      2016/09/09

日本興行100億円以上にも上った人気作品「アリス・イン・ワンダーランド」の続編がこの夏公開されます!
キャストや監督など、前作とどう変わるのでしょうか?

関連記事
日本公開日は?前売り情報と予告動画!

キャスト紹介

不思議の国のアリスといえば、奇妙なキャラクターがたくさん登場します。
前作でも登場した個性的なキャラクター、今作ではどんな俳優さんが演じているのでしょう。

アリス=ミア・ワシコウスカ

不思議の国では超有名人のアリス!
彼女の想像世界なので当然なのですが、原作小説ではただただ迷い込んで体験する少女でした。
映画のアリスは目的を持って自力で進んでいく強い主人公です。
前作の頃は20歳でしたが、成長したアリスがどんな行動をするのか楽しみです。

マッド・ハッター=ジョニー・デップ

原作の日本語訳では「いかれ帽子屋」の名前で記憶してるのですが、奇抜なメイクとおしゃれ(?)の心優しき帽子屋。
意味のない掛け言葉をぶつぶつ言ったり、テーブルの上を歩いたり、常識を超えたこのキャラクターを演じられるのはジョニー・デップだけかも!?

赤の女王=ヘレナ・ボナム・カーター

気高いイメージも、生活苦も自在に演出してしまうすごい女優さん!
前作ではかなりぶっとんだ赤の女王を見事に演じていらっしゃいましたが、今作もいかにも赤の女王という演技に期待したいです。

白の女王=アン・ハサウェイ

白の女王

出典:Disney


2015年「マイ・インターン」で素敵なファッションを見せてくれたアン・ハサウェイの、とっても品のある白の女王。
前作では真っ白のメイクで、真っ赤に塗られた大きな口が魅力的でした。
大げさな身振り手振りもエレガントな美しい白の女王が再び見られるのは嬉しいです。

タイム=サシャ・バロン・コーエン

タイム

出典:Disney

前作には登場しなかったキャラクター「タイム」を演じるのは、イギリスのコメディアン、サシャ・バロン・コーエンです。
ヘレナ・ボナム・カーターも出演した、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」に、育毛剤を売る男として出演しています。
コメディアンが演じる、アリスのキャラクター…見る前からわくわくしますね!

ザニク・ハイトップ=リス・エヴァンス

こちらも今作新登場のキャラクターです。
演じるリス・エヴァンスもコメディアンとして活躍している俳優さんだそうです。現在48歳。
どんな演技をされるのか、期待して待ちたいです。

スポンサーリンク

新キャラクター

タイム
不思議の国の友人・マッドハッターを助けるため、時間と闘うアリス。
「時間との闘い」というと「急いで」という意味だと思ったら、本当に「タイム」が現れるのが不思議の国ですね。
というわけで、今回はこの「タイム」がキーパーソン(人かな?)になるようです。

ザニク・ハイトップ
なんとマッドハッターの父上!
どういう役柄なのかは不明ですが、過去にマッドハッターの村が焼き払われたことに関係しているのでしょうか?
物語にどう関わってくるのかも気になりますね!

監督は誰?

前作の監督は、色遣いや世界観が独特な作品を多く撮られているティム・バートンでした。
今作では、ティム・バートンが製作にまわり、ジェームズ・ボビンがメガホンを取るようです。
過去には人間と操り人形の共存する世界を描いた「マペッツ」を撮っています。

色鮮やかなワンダーランドで奇妙な仲間たちの活躍する姿を早く見たいですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

 - ◆映画◆, , ディズニー/ピクサー , , ,